消費者月間特別インタビュー 伊藤明子長官、豊かな未来を提唱🔓

消費者月間特別インタビュー 消費者庁・伊藤明子長官

豊かな未来へ「第4期基本計画」推進 SDGsの取り組みをアピール 食品ロス削減呼びかけ

今年の「消費者月間」は新型コロナウイルス感染症の拡大が消費生活を一変させ、消費者の不安感がまん延している中、開催された。月間統一テーマは、「豊かな未来」へ向け、食品ロス削減などSDGs(国連の持続可能な開発目標)の推進をめざしたものだが、社会が「不安一色」の中にあってこそ、新型コロナウイルスへの感染を防止し、豊かな未来へ向け今後を展望する道筋が示される必要がある。消費者庁はどう対応していくのか。ニッポン消費者新聞は消費者月間開催にちなみ、消費者庁・伊藤明子長官に今後の方針をインタビューした。伊藤長官は、新型コロナウイルス感染症問題が提示する課題をあげ、SDGs推進の重要性を強調、悪質なコロナ便乗商法の根絶、見守りネットワークの構築、成年年齢引下げへの対応など今後の「第4期消費者基本計画」のポイントを例示。その上で「共生と協働の重要性を再確認し、消費者と事業者、中央・地方の消費者行政機関との連携が今こそ求められている」と呼びかけている。

伊藤明子消費者庁長官

コロナ後をみすえ「豊かな未来を」と提唱する伊藤明子長官(インタビューは緊急事態宣言が全国に拡大された翌日の4月17日に実施)

■豊かな未来へ共生・協働の視点から

新型コロウイルスナ感染症への不安感が全国にまん延しています。消費者庁は感染防止対策を関係行政機関と連携して進め、その一環として急増している悪質な“コロナ便乗商法”から消費者を守る取組を積極的に推進させてまいります。

今年の消費者月間では、これからの「豊かな未来」をめざし、今こそSDGs(国連の持続可能な開発目標)への視点が重要であることを訴えたいと思います。「コロナ感染防止対策」の推進は、消費生活の共生の視点や、消費者・事業者・行政などとの協働を基本とする点で、SDGsへの取組と共通性を持つことが認識されるようになりました。「今だけ、ここだけ、自分だけ」という言葉が多面的に使われていますが、これを表層的に捉えるのではなく、納得できる今を自覚し、ここを大切にするという思いを広げ、自らが持つ尊さを他者にも投影する、そういう未来社会を望む視点も含まれていることを考えると、「利他」を尊重するSDGsの取組とも重なってきます。

そのような未来へと広がるSDGsの活動は時代の要請でもあり、その中でも消費者庁が推奨しているエシカル消費や食品ロス削減、消費者志向経営の推進などは重要です。

■コロナ便乗商法の根絶訴え

今年の消費者月間は重い課題を抱えて開催される点で従来の「月間行事」とは全く異なります。消費者庁は消費者の不安感に乗じた悪質なコロナ便乗商法の撲滅とコロナ「後」の豊かな消費生活の構築をめざし取組を推進してまいります。

消費者からのコロナ関連相談は今年1月以降…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」消費者月間特集号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正リチウムイオンバッテリー違反品
    インターネットで流通する非純正リチウムイオンバッテリーの発火事故が急増していることを受け、NITE(...
  2. 公益科学センター
    米非営利団体の公益科学センター(CSPI)は11月23日、伝統的な代替療法「ホメオパシー」の関連製品...
  3. 総務省
    ◎一元的収集制度、機能せず 井上大臣、通知制度周知を要請 重大事故の一元的収集制度に大穴があいてい...
  4. ◎各社が採用、「SDGsとビジネスの融合」と評価 東レは11月19日、全社横断プロジェクトとして展...
  5. 愛知県
    大都市圏の都道府県に先駆けて、愛知県は11月27日、上半期(4~9月)の消費生活相談件数を発表した。...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る