【英国】ビールを速攻で冷やす方法 「氷と塩」に軍配

うっかり冷やし忘れたビールを速攻で冷やす方法について、英国の消費者団体Which?が検証した。都市伝説として広がる方法を含め8つの冷却方法をテストした結果、最も効果的だったのは「氷と塩を入れた冷水に入れておくこと」だった。同団体は「間違いなく、冷えたビールを手に入れる最良の方法だ」と推奨している。

冷えたビールを愛する熱心な研究者がテストに志願し、瓶ビールを30分間でどれだけ冷却できるかを調べた。テスト開始前の瓶の表面温度は20.5℃、実験室の室温は22.5℃だった。

いつもと同様、ビールを冷蔵庫で冷やした場合、30分では瓶の表面温度が3.6℃しか下がらず、良い方法とは言えなかった。

破裂の危険があるため推奨できないが、多くの人が実行したことのある冷凍庫に入れる方法は、当然ながら冷蔵庫よりも冷却効果が高かった。瓶をウェットティッシュで覆って冷凍庫に入れると11.6℃低下し、瓶をそのまま入れた場合は12.7℃低下した。

冷凍庫以上に冷却効果が高かったのは「水を張ったバケツに氷を入れる方法」。16.6℃下がり、ビールを爽快に味わえた。

そして最も効果的だったのが「水を張ったバケツに氷と塩を入れる方法」。30分間で18.9℃下がり、ビール瓶の表面温度は1.6℃に。1時間後には氷点下になった。研究者によると、塩水は通常の水よりも氷点が低く、氷点下の冷水がビールをより早く冷やすという。検証ではバケツに張った水に氷1キログラム、塩100グラムを加えて、瓶を完全に沈めた状態にした。

検証した8つの方法のうち最もダメだったのは、(氷なしの)冷水のみで冷却する方法。2.5℃しか下がらず、研究者はぬるいビールを飲むことになった。検証したビールはすべて飲み干したという。

ただし、冷たければ冷たいほど良いというものではなく、アルコール飲料にはそれぞれ適温がある。通常のビールは5~8℃、エキストラコールドビールは0~5℃、シャンパンは8~10℃、白ワインは8~12℃、赤ワインは12~18℃。Which?は「バケツに氷と塩で冷却する方法はアウトドアでも大いに役だつ」と推奨している。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 非純正リチウムイオンバッテリー違反品
    インターネットで流通する非純正リチウムイオンバッテリーの発火事故が急増していることを受け、NITE(...
  2. 公益科学センター
    米非営利団体の公益科学センター(CSPI)は11月23日、伝統的な代替療法「ホメオパシー」の関連製品...
  3. 総務省
    ◎一元的収集制度、機能せず 井上大臣、通知制度周知を要請 重大事故の一元的収集制度に大穴があいてい...
  4. ◎各社が採用、「SDGsとビジネスの融合」と評価 東レは11月19日、全社横断プロジェクトとして展...
  5. 愛知県
    大都市圏の都道府県に先駆けて、愛知県は11月27日、上半期(4~9月)の消費生活相談件数を発表した。...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る