米国で相次ぐスプレー製品へのベンゼン混入 非営利団体が懸念

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米国でスプレー製品への発がん物質ベンゼンの混入が相次いでいる問題で、非営利団体のU.S.PIRGは12月21日、「消費者の手に渡る前にメーカーは試験を行って流通しないようにするべきだ」と懸念を表明した。ベンゼン混入スプレー製品を巡っては4月以降、8件のリコールがたて続けに実施されている。直近の事例は、米P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)が12月17日にリコールの発表をした30製品以上のドライシャンプー。

P&Gスプレー製品リコール

P&Gが米国内でリコールしているパンテーンやハーバルエッセンスブランドのスプレー製品(FDA発表資料より)

U.S.PIRGによると、春以降、エアゾールスプレー製品へのベンゼン混入が相次いで発覚し、4月28日のScentsational Soaps&Candlesの手指消毒剤を皮切りに、7月にコパトーンの日焼け止め、9月にジョンソン&ジョンソンの日焼け止め、10月にバイエルの水虫治療薬など、P&Gを含めて8件の自主回収が行われる事態となっている。

医薬品分析機関のValisureは11月、「制汗剤やボディスプレーなど59製品に深刻な健康リスクを招くベンゼンが高レベルで含まれていた」との調査結果を公表し、米食品医薬品局(FDA)に対応措置を要請。噴霧剤として使われるブタンやアルコール、プロパン、ハイドロフルオロカーボン類からベンゼンが検出されたと報告した。

FDAはベンゼンを許容できない毒性を持つ溶剤に分類し、医薬品などの製造に使用すべきではないとしている。しかし、製造上使用が避けられない場合(貴重な医薬品の製造やパンデミックなどの緊急事態などのケース)に限り、一時的な措置として2ppmを制限に使用を許可している。Valisureの調査では、制限値の最大9倍ものベンゼンが検出されたと指摘している。

U.S.PIRGは「身近なスプレー製品でベンゼン関連のリコールが相次ぐことは憂慮すべき事態であり、事前にベンゼンの有無をテストしてから販売すべきだ」と指摘。「FDAはヘアスプレーなどのスプレー製品に関するベンゼン残留制限値を明確にしていないが、消費者向けの製品はゼロにするのが当然だ」と訴えている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    SNSや動画投稿サイトでキッズインフルエンサーが人気を集める中、米連邦取引委員会(FTC)は10月にc
  2. 塩
    千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施c
  3. 炭酸飲料
    英政府は5月14日、肥満対策として打ち出した「不健康な食品の取引・広告に関する規制」について、一部延c
  4. イベント
    日本ヒーブ協議会は4月15日、今年度定時総会と記念講演会を開催、今後の活動方針を決めた。総会では代表c
  5. U.S. PIRG
    ◎GAPやPVHが段階的廃止を表明 環境中で分解されにくいことから「永遠の化学物質」と呼ばれるPFc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る