消費者団体が総会 コロナ禍の新たな消費者運動創造へ模索🔓


新型コロナウイルス感染症対策は消費生活にかつてない影響を及ぼした。人とのつながりが絶たれ、会話が遠慮され、対面食事が自粛され、インターネットが重視され、すべての生活局面が肌感覚のない重苦しい場所へと変貌した。新年度への移行期に襲ったコロナ禍は、消費者団体の動きにも制約を課した。毎年4月から6月に開催される通常総会は、ほとんどの団体が代表者らによるオンライン会議、会員への議題の書面送付と書面審査、その上での書面表決。予定していた講座もオンライン講座に切り替えたところはまだしも、多くは中止か延期へと余儀なくされた。

消費者問題はコロナ禍にあってさらに深刻化した。消毒社会への突入は、アレルギー疾患者の増加を助長させ、経済停滞の中、仕事や居場所をなくした消費者への新たな消費者問題の発生も指摘されている。社会が大転倒したような現状で、消費者団体はどのような運動方針を掲げていくのか。コロナ禍にあっても環境、食品、契約被害、各種制度に関する課題の重みは解消されない。いくつかの団体の今年度方針を取材した。

◎初の試み「オンライン講座」

コロナ禍の最も大きな出来事は人の動きが制約を受けたこととされる。動きがなくなり、経済が停滞し、人の仕事が奪われ、居場所が奪われた。「新しい生活様式」は人の会話を遮断し、インターネットを中心に「生活立て直し」を唱えている。

ネットによる情報発信を活動の基軸に据えているコンシューマネット・ジャパン(CNJ)代表の古賀真子さんは「リモートワークの習熟が今後の消費者運動の課題になる。特に情報発信は消費者運動のかなめ。全国の消費者との情報交流や…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」7月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. deco
    ポルトガルの消費者団体DECOは1月25日、新型コロナウイルスを取り巻くデマが多数出回っているとしてc
  2. 公益科学センター
    全粒穀物(Whole Grain)を使用した様々なパンが販売される中、米非営利団体の公益科学センターc
  3. sns
    1月25日、消費者庁の「デジタル・プラットフォーム企業介在取引検討会」が開かれ、消費者被害防止などのc
  4. 消費者庁
    立憲民主党と社民党の消費者問題特別委員会に所属する野党国会議員5人が 1月22日、井上信治消費者担当c
  5. エアーベッドからの転落
    電動ポンプを内蔵した「エアーベッド」の空気漏れに関する相談が近年急増し、転落してけがを負う事故も起きc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る