ヒーブ協議会「三位一体」共創社会を 吉村美衣子・新代表理事🔓

日本ヒーブ協議会新代表理事・吉村美衣子さん

■「芽」育てるアクション提唱

「今だからこそできる、今でしかできない、そのような“今”を大切にする気持ちで、一つ一つの取り組みに挑戦していきたいと思います」

受け継がれる「日本ヒーブ協議会」のチャレンジ精神。今年4月に梶原織梨江さんからのバトンを受け、代表理事に就任した吉村美衣子さん。

今後の抱負をこう強調する。

日本ヒーブ協議会吉村衣子新代表理事インタビュー

「日本ヒーブ協議会は今年で創立42年です。40周年には、次世代未来像として生活者と企業のこれからを描いた“Design the Future”(デザイン・ザ・フューチャー)を発行しました。その中で、生活者・企業・行政の協働のあり方、その重要性も提起しました。40周年を契機にまかれた種が、45周年へ向けて美しい花となるよう、今年はその芽を育てる思いで取り組んでいきます」

40年以上の歴史への尊重、それを踏まえた新しい時代へのチャレンジ。

日本ヒーブ協議会はそんな特徴を持つ、と吉村さん。

「私は自分自身を慎重派と自己診断しているのですが、ヒーブ活動では、会員相互の触発でどんどんチャレンジ精神がかき立てられます。これもヒーブ活動の特徴です」

日本ヒーブ協議会は、働く女性を会員とする異業種・横断的なネットワーク。企業人と生活者という二つの視点を共有し、それを両輪として「生活者と企業のパイプ役」を担う。

パイプ役を果たしつつ、より良い社会創造をめざすには行政との連携・協働が不可欠であることから、生活者・企業・行政を三位一体として位置付け…(以下続く)

(本紙7月1日号「消費者問題はいまー提言」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 厚生労働省
    2022年に国内で確認された食中毒発生件数は961件で、前年比244件増加したことが3月23日、厚生c
  2. NITE上げ下げ窓事故
    寒さが緩み、窓を開ける機会が増えるこの時期にあわせ、NITE(製品評価技術基盤機構)は3月23日、窓c
  3. インターネット上で格安料金をうたい、作業後に高額料金を請求するロードサービス業者とのトラブルが複数発c
  4. 東京都健康安全研究センター
    京都府で昨年、店舗で購入した生食用牛肉(ユッケ)を食べた90歳代女性が腸管性大腸菌O157に感染してc
  5. スマートフォン
    就寝前のデジタルメディア利用は、子どもの睡眠時間の短縮や睡眠の質低下につながる――。こうした研究報告c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る