柔軟剤の香りで不快感や体調不良 東京都に149件の相談


「マンションの隣人が使う柔軟剤のにおいで気分が悪くなる」など柔軟剤のにおいに関する相談が、今年3月末までの10年間に149件寄せられたことが東京都のまとめでわかった。

隣家で干している洗濯物に関する事例を中心に毎年継続的に相談が寄せられているといい、都は「衣服や洗濯物につけられたにおいは、自分が思っている以上に他人にはにおっていることもある」として、節度ある使用を呼びかけている。

柔軟剤のにおいに関する相談は2010年度ごろから寄せられ始め、この5年間は14年度が6件、15年度が18件、16年度が22件、17年度が39件、18年度が14件と推移していた。においの強い海外柔軟剤のブームをきっかけに、様々な香りや強さの国産品が相次ぎ発売されたことが背景にあるとみられる。

商品には適正量が表示されているが、業界団体の日本石鹸洗剤工業会の2010年調査では、目安の2倍以上を使用している人もいた。柔軟剤は過剰に使用しても洗濯物の柔軟性が変わらないばかりか、かえって吸水性が悪くなる場合もあるという。

都には柔軟剤以外にも芳香剤やその他の香り付け製品に関する相談も寄せられていて、生活安全課は「日用品の芳香が苦手な人もいる。節度ある使用を心がけてほしい」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc
  2. 国際消費者機構(CI)
    各国消費者団体で作る国際機関「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)は1月12日、3月15日に実施c
  3. イベント
    都内消費者団体が2月9日にオンラインセミナー「ウィズコロナ時代の新しい活動様式」を開催する。コロナ禍c
  4. 赤信号
    新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインショッピングの利用者が増えるのに伴い、玄関先に届いた荷物がc
  5. 東京消防庁
    去年1年間に東京都内で発生した住宅火災は、前年から7件増えた1550件だったことが1月14日、東京消c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る