食品ロス削減賞にセブンイレブン 期限迫る商品にポイント付与

サプライチェーンの効率化に取り組む52社で作る「製・配・販連携協議会」(事務局・経済産業省)は7月3日、「サプライチェーン イノベーション大賞2020」の受賞者を発表した。新設した「食品ロス削減特別賞」には、販売期限の迫る商品に5%分のポイント付与などを展開したセブン-イレブン・ジャパンの取り組みを選定した。同社は優秀賞にも選ばれ、W受賞となった。

表彰制度は2016年から始まり、今年で5回目。製造、卸売り、小売りの協業による物流効率化などの取り組みを評価し、産業競争力を高める狙いがある。今回から「食品ロス削減特別賞」が新設され、大賞、優秀賞、特別賞の3枠構成となった。

優秀賞と特別賞のW受賞となったセブンイレブンはサプライチェーンで発生する食品ロスの削減に取り組んだ。製造工場での衛生管理の徹底や原材料の見直しなどを進めて消費期限の延長に挑み、サンドイッチで8時間、チルド弁当や総菜、サラダで24時間の延長を実現した。また、販売期限が迫ったおにぎりやパン、麺類などの商品に5%分のnanacoポイントを付与する「エシカルプロジェクト」を5月11日から展開。こうした取り組みが評価された。

セブンイレブンによると、エシカルプロジェクト開始後1カ月間に、食品ロスを約2割削減(昨年比)できたという。同社は「今後も、サプライチェーン全体における食品ロス削減や生産性向上に向けて、その中心を担う責任を持ち、持続可能な社会の実現を目指してまいります」とのコメントを発表している。

大賞はPALTAC、薬王堂、ユニ・チャームの3社協働による業界初の取り組み「キャリーを活用した一貫ユニットロード化」が受賞。

優秀賞はセブンイレブンのほか、サントリー食品インターナショナルの「AI画面解析による製品ダンボール破損判断導入」、加藤産業の「物流管理へのAI技術の有効活用~人員配置・生産性改善レベルのボトムアップ~」の取り組みが受賞した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 消費者庁
    AI(人工知能、Artificial Intelligence)による社会のデジタル化が進行する中、...
  2. コンシューマーリポート
    「99.99%除菌」「細菌やバクテリアを99.99%除去」などとうたって販売されているスチームモップ...
  3. 国民生活センター福原奈央さん
    国民生活センター教育研修部上席調査研究員付主査・福原奈央さん ◎地方消費者行政支援 「見守り活動...
  4. 味の素は7月7日、今年発売50周年を迎える「ほんだし」をリニューアルすると発表した。具だくさんみそ汁...
  5. 今後5年間の消費者政策の重要施策がまとまった。153施策が提示され、それぞれ取組予定と重要業績評価指...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る