減塩後押し 千葉市と5社が啓発事業 協働2年目、締結先を拡大

千葉市は昨年度に始めた食品各社との減塩に関する普及啓発事業について、今年度も締結先を拡大して継続実施することを決めた。締結先を昨年度の4社から5社に広げ、減塩商品コーナーの常設や減塩レシピ開発などに取り組んでいく。

千葉市は昨年度、市民の食習慣の改善に向けた連携に関する協定をイオン、味の素、キッコーマン食品、国分グループ本社の4社と締結し、減塩についての普及啓発事業を展開したが、今年度はエスビー食品を加えた5社と4月1日に協定を結んだ。5社は消費財業界の国際ネットワーク「CGF」(ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム)のJapan‐CHL減塩分科会のメンバーで、市は各社の知見を得ながら、減塩の取り組みを加速させる方針だ。

今年度はイオン5店舗で減塩商品コーナーを常設するほか、減塩レシピを年4回(6月、9月、12月、3月に公開)にわたって共同開発し、生鮮食品売り場と連動させていく。また、参加企業のセミナーやパネル展示、体験コーナーなどのイベントを店舗催事場で年3回(8月、10月、1月)開催する。

昨年度は4社と共同で23種類の減塩レシピを作成。今年1月にはイオンマリンピア店(美浜区)の利用者に減塩に関するインターネット調査も実施した。調査結果によると、市民の食塩摂取量が国内平均よりも多いことを知っている割合は約11%。この取り組みを知っているとの回答は約18%で、そのうち約70%が取り組みを知ってから減塩を意識するようになったという。

千葉市民の食塩摂取量は1日当たり11.1グラム(2016年度調査)で、全国平均の10.1グラム(2019年度調査)を上回っていた。市は健康増進計画の中で目標値を8グラムに設定し、減塩の普及啓発に注力している。

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  2. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c
  3. 国民生活センター
    ◎ADR機能も強化 適格消費者団体にもADR情報提供へ 信者に過大な寄付・献金を強要し、その子どもc
  4. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  5. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る