アルミ缶リサイクル率93.6%、4年連続目標達成 協会まとめ

アルミ缶リサイクル協会(東京都豊島区)は6月21日、飲料用アルミ缶の2018年度リサイクル率が前年度比1.1ポイント増の93.6%になったと発表した。目標とする「90%以上の維持」を4年連続で達成した。また、回収したアルミ缶が缶材に利用された割合を示す「CAN to CAN率」も4.1ポイント増の71.4%と上昇した。協会は今年度目標として新たに「アルミ缶回収協力者表彰数の増加」を設定。小中学校に制度の活用を呼びかけていく方針だ。

アルミ缶リサイクル協会

記者会見で挨拶する田代泰・新理事長(中央)。写真右は新任の内藤英一副理事長、左は新任の吉澤健司企画委員長(21日、如水会館にて)

2018年度の飲料用アルミ缶の国内需要量は約217億缶と微減になったものの、集団回収や店頭回収が堅調だったことから、リサイクル率が上昇した。CAN to CAN率も大幅に上昇し、3年ぶりに70%の大台に乗った。

保谷敬三専務理事はアルミ缶需要について「14年度以降、4年連続で200億缶台を継続しているが、ビールの低迷やペットボトル入りコーヒーの急増の影響を受けて微減になった」と説明。CAN to CAN率については「圧延メーカーの調達の関係で数値がブレやすいが、直近5年は平均67.8%で、その前の5年が平均66.1%。少しずつ上昇している」との認識を示した。

また、今回の役員改選で理事長に就任した田代泰・昭和アルミニウム缶社長は「アルミ缶リサイクルで最も重要なのは使用済み缶をいかに上手に集めるかだ」と強調。ほかの容器包装リサイクル団体と連携しながら3Rの推進や地域回収の整備・支援、広報に注力したいと挨拶した。

協会は今年度目標として「リサイクル率90%以上の維持」「2020年までに04年度比5.5%の軽量化」に加え、新たに「アルミ缶回収協力者表彰数の増加」を設定。学校と一般でそれぞれ5件以上増やす方針を打ち出した。

保谷専務理事は「学校数の減少により、推薦件数が徐々に減り気味になっている。それでも全国には小中学校が3万校ほどあり、この制度を知らない学校も多い」とし、回収拠点を通じて活用を強く訴えていくと強調。制度の認知度向上を図り、草の根の回収ルートの拡大と支援につなげていくとした。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  2. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...
  3. スマートフォン
    食品ロス削減に向けた広報活動の一環として、消費者庁は7月22日、ツイッター上で「賞味期限の愛称・通称...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポート(CR)と道路安全保険協会(IIHS)は7月30日、安全な中古車...
  5. 消費者庁
    「販売預託取引」は原則禁止 過量販売は資料提出対象に 消費者被害を発生させている悪質事業者を「共通...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る