巣ごもり消費で宅配伸長 全国生協、過去最高益へ

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新型コロナ禍で宅配事業が二けた成長を続けていることを明らかにした。1人当たりの利用高も増加して配送効率が向上、「どの生協も過去最高益の状況だ」という。冷凍食品やマスク・除菌関連製品、児童書、紙芝居などが好調で、粉ものやパスタは今でも製造がひっ迫するとした。コロナを機に新規加入者も増加し、今後は利用者の定着を図り成長持続を目指す考えだ。

日本生協連藤井専務

オンライン記者会見で、全国生協の2020年上期の事業状況とコロナ禍の取り組みを報告する藤井喜継専務理事(23日)

藤井喜継専務理事がオンライン会議システムZoomを通して報告した。

藤井専務によると、2月の学校一斉休校以降、注文が急増。4月度、5月度は店舗、宅配ともに売上高が前年比で二けた成長を達成した。店舗の売上高はその後、落ち着きを見せはじめ、直近9月度は前年比103.5%となったものの、宅配は引き続き好調を持続。9月度も113%と前年比二けた成長を続けているという。

WEBを通じた新規加入も急増し、19年度の38万人に対し、今期は3月~8月までの6カ月で56.2万人を獲得。9月度も前年比2倍程度の伸びで増えているとした。

売れている商品は冷凍食品、加工食品、マスク・除菌関連、児童書、紙芝居など。寝具や園芸なども特需となり、藤井専務は「ステイホームをきっかけに家族で楽しむ製品が好調な売れ行きとなった」と分析。特にホットケーキミックスやお好み焼き粉、たこ焼き粉などの粉もの、ランチとして楽しめるパスタなどは「今でも製造がひっ迫している」と説明した。

各生協は過去最高益を達成する見通し。藤井専務は「これまで1人当たりの利用高は微減傾向だったが、(コロナを機に)利用高が増加し、宅配事業が非常に効率のいい事業形態になっている」と語った。

次年度については、特需となった今年度ではなく、19年度を指標として計画を練る方針。「新規加入者以外に利用を再開した組合員も多く、コロナを機に利用してくれた人を定着させる取り組みを展開し、次年度以降の成長に結び付けたい」とし、店舗事業は19年並み、宅配事業は19年比105%の成長を見込む。

各地生協ではコロナ禍に暮らしを守る様々な取り組みを展開しており、コープこうべ店舗では高齢者専用買い物時間を設定し、重篤化しやすい高齢層の感染防止対策や不安払しょくに努めたほか、福井県民生協では学校休校対応としてお子様限定弁当の宅配事業を行うなどしている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    各地の消費者団体がLPガス(プロパンガス)の取引透明化を求める中、全国消費者団体連絡会(全国消団連)...
  2. U.S. PIRG
    バイデン次期米大統領がジョン・ケリー元国務長官を次期政権の「気候変動問題に関する大統領特使」に指名し...
  3. 売り上げ好調な金のつぶとフルーティス
    ミツカンの上期(3-8月)業績は、新型コロナ感染拡大の影響で国内外ともに業務用事業が苦戦したものの、...
  4. 電気ストーブの洗濯物着火事故
    本格的な冬の到来を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は11月26日、暖房器具の火災事故に注意を呼...
  5. 欧州消費者同盟
    欧州議会で製品の安全性と持続可能性を強化するための規則案が採択されたことを受け、消費者団体BEUCは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る