英団体が最新ゲーム機Xboxレビュー 処理能力「驚異的」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

マイクロソフトの最新ゲーム機「Xbox」が11月10日に発売されるのを前に、英国の消費者団体Which?が性能についてレビューを試みた。ゲーム好きの研究員1人が実際にプレイした感想を報告。高性能機種の「シリーズX」では、「処理能力が脅威的だ」とし、449.99ポンドと高価格ながら「(購入しても)ゲーマーが失望することはない」とコメントしている。

XboxシリーズXとシリーズS

黒い頑強な筐体の「シリーズX」とコンパクトな白い筐体が印象的な「シリーズS」

今回新発売された最新機種は「史上最速」をうたい、黒い筐体が塔のようにそびえ立つシリーズXと、「史上最もコンパクト」で249.99ポンドと低価格なデジタルゲーム専用機種「シリーズS」。英国では9月に予約が開始されると、どちらも数時間で売り切れたという。

プレイした研究員によると、シリーズXはかなり場所を取り、テレビ台の上に置けない可能性もあるという。しかし、「処理能力は驚異的」で、メニュー画面からプレイするまでの起動時間は7~8秒とスムーズ。「せっかちなゲーマーも不満がないレベルだ」と評価した。作動音も静かで、画質も「色の深みとグラフィックの鮮明さが印象的だ」と合格点を出した。コントローラーも快適で、「これまでのゲーム画質に物足りなさを感じているゲーマーは購入する価値がある」と推奨した。

一方、シリーズSの感想は「読み込み時間も速く、シリーズXとほぼ同じ」だとし、「グラフィックも貧弱さを感じさせないレベル(シリーズXほど良くはない)」とした。シリーズXとは200ポンドの価格差があるが、「次世代ゲーム機として費用対効果の高い機種」だと評価し、「(シリーズXの画質の良さにこだわらなければ)購入してもがっかりすることはない」としている。ディスク版のゲームはプレイできず、ダウンロード版のみの次世代機となっている。

ちなみに研究者が最新機種でプレイしたゲームは「Gears5」と「Forza Horizo​​n 4」だったという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  3. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEが実施した調査で、大手小売り3社が店内に顔認証機能付き監視カメラを設置しc
  5. 上部隆男さん
    東京都消費生活総合センターで6月21日、ガラス製品のトラブル事例を体験する実験実習講座が開かれ、参加c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る