食“財”と向き合い、使い切る工夫を 多摩センターで食育講座

買いだめした食材を美味しく食べ切るヒントを紹介する食育講座が11月19日、東京都多摩消費生活センター(立川市)で開催された。食品ロス問題に詳しい料理研究家、行長万里さんは余らせがちなドレッシングやホットケーキミックスなどを別の料理に生まれ変わらせるアイデアレシピを披露し、「食材は食“財”。コロナで食材と向き合う時間が多い今こそ、食品ロスを減らすために何ができるかを見直してほしい」と呼びかけた。

多摩消費生活センター食育講座

食“財”を使い切るアイデアレシピを紹介する行長万里さん(19日、多摩消費生活センターにて)

同センターでは例年、食育講座をテーマごとに複数回実施してきたが、今年度は新型コロナ感染拡大の影響により今回が初の開催。検温やソーシャルディスタンスなどの感染防止対策が取られる中、14人の消費者が参加した。

日本では1人1日当たりおにぎり1個分(約132グラム)の食品ロスが発生している。行長さんは「食べ物を大切にしたいという本来の気持ちに立ち返ってほしい」と呼びかけ、食材を食“財”としてとらえるよう提唱。「お金だと思って使い切り、食べ切ることが大事。買った以上はそれを生かすことが使命だ」と強調し、余りがちな食材を使ったアレンジレシピを次々と紹介した。

余ったドレッシングはフランスパンにつけて焼き、ラスク風に食べることを提案。子どもたちに人気なのがドレッシング寿司で、炊き立てのご飯にイタリアンもしくは醤油ベースのドレッシングを加えて混ぜ、海苔や野菜で巻いて食べる。ハムやチーズを入れると美味しいという。

開封後、あまり日持ちしないごまだれは雑炊に。コーンポタージュの素は小麦粉と混ぜて、そぎ切りした鶏むね肉にまぶし、フライパンで焼くとコーンチキンが完成する。行長さんは「原材料欄で使われている素材を確認してレシピを組み立てていくとアレンジしやすい」とアドバイス。WEB検索すると行長さんの多彩なアイデアレシピを閲覧できるという。

行長さんは「コロナで食材と向き合う時間も増えている。これを機に買いすぎず、使い切るために何ができるかを見直してほしい」と話し、アイデアレシピを参考にして工夫と実践を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    各地の消費者団体がLPガス(プロパンガス)の取引透明化を求める中、全国消費者団体連絡会(全国消団連)...
  2. U.S. PIRG
    バイデン次期米大統領がジョン・ケリー元国務長官を次期政権の「気候変動問題に関する大統領特使」に指名し...
  3. 売り上げ好調な金のつぶとフルーティス
    ミツカンの上期(3-8月)業績は、新型コロナ感染拡大の影響で国内外ともに業務用事業が苦戦したものの、...
  4. 電気ストーブの洗濯物着火事故
    本格的な冬の到来を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は11月26日、暖房器具の火災事故に注意を呼...
  5. 欧州消費者同盟
    欧州議会で製品の安全性と持続可能性を強化するための規則案が採択されたことを受け、消費者団体BEUCは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る