美容医療、多くがクーリングオフ対象外 兵庫県が注意呼びかけ


美容医療サービスで消費者トラブルが発生しているとして、兵庫県立消費生活総合センターは12月1日、施術を受ける前の注意ポイントを周知した。

美容医療は一部を除いてクーリングオフの対象外であるほか、インターネット上の誇大広告や虚偽広告が医療法で規制されていることなどを紹介。広告ガイドラインを守っていないウェブサイトの情報をうのみにせず、「事前に十分検討したうえでサービスを受けるか決めてほしい」と呼びかけている。

2017年4月~今年9月までに、県内窓口に291件の相談があり、全体の28%が危害事例だった。サービス別では「脱毛」41%、「美顔」20%、「包茎」10%、「発毛」9%などが上位。「『多汗症を約2万円で治療』という美容クリニックのホームページ広告を見て施術を受けた。施術後、広告より高額な料金を請求されたが納得できない」(30歳代女性)などの事例が寄せられていた。

相次ぐ美容医療トラブルを受け、2017年12月1日に改正特定商取引法が施行され、美容医療サービスの一部がクーリングオフの対象になった。対象となる施術は「脱毛」「にきび・しみ等の除去」「しわ・たるみの軽減」「脂肪の減少」「歯の漂白」。提供期間が1カ月超、金額が5万円超のものについて、契約書面を受け取った日から8日間は中途解約ができる。一方、相談事例として紹介した「多汗症」や「豊胸」「包茎」「発毛」など多くのサービスが対象外だという。

美容医療サービスを巡っては、広告、勧誘、料金、施術内容、危害に関する相談が目立ち、同センターは「広告と異なる契約を勧誘されても、その場で契約しないでほしい」などと注意を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る