【欧州】栄養スコアで買い物に変化、低評価食品は「買わない」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食品の健康度を5段階で表示する栄養評価ラベル「栄養スコア」(Nutri-score)について、フランス消費者同盟(UFC)は「非常に良い効果が出始めている」との見解を示した。同国で正式に採用されて3年が経過。認知度が向上して消費者の買い物行動が変化したほか、栄養改善に取り組む企業も現れているという。

栄養スコアはフランスの発案。欧州各国で採用が進んでいて、食品大手もこの動きに追随し始めている。これまでは食品メーカーや業界団体などが独自の栄養評価ラベルを表示するなどして乱立し、消費者に混乱が生じていた。フランス発の栄養スコアは消費者にとってわかりやすく、フランス、ベルギー、ドイツ、スイス、スペインなどで採用され、欧州の消費者団体も欧州域内の統一ラベルにするよう提案している。

フランスで昨年9月、1000人の消費者を対象に実施された調査では、93%の人が栄養スコアを「知っている」と回答。そのうちの半数以上が「ラベルを参考にして買う商品を変更したことがある」と答えた。3人に1人は最高スコアの食品を積極的に購入し、多くの人はスコアの低い食品は買わないようにしていた。

栄養ラベルは食品市場にも大きな影響を与えていて、全販売量の50%が栄養ラベルを表示していた。今年1月には仏スーパー大手のIntermarcheが数百の食品の栄養改善を実施すると発表。塩分や脂肪分を減らして高スコアを獲得し、売り上げ増につなげたい考えだ。ただ、栄養スコアの表示は企業の判断にゆだねられている。調査では、89%の人がすべての食品への表示義務化に賛成し、各国消費者団体も義務化を求めている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る