【欧州】缶詰や歯磨き粉に外箱必要? 過剰包装削減運動スタート

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始した。身近にある過剰包装製品の写真を撮り、専用サイトに投稿するよう消費者に呼びかけている。缶詰や野菜・果物、歯磨き粉など多くの製品に、不必要な外箱などが使われていると指摘し、不要な二次包装の削減に向けて企業に協力を求めていくとしている。

DECOによると、ポルトガルの全世帯が過剰包装の商品を少なくとも1回購入すると不要な包装の全量が1050トンにも達し、175頭の象に相当するごみが発生するという。また、過剰包装の86%が紙もしくは段ボールだった。

DECO過剰包装削減キャンペーン

DECO過剰包装削減キャンペーン専用サイトでは、過剰包装の事例を紹介。チューブ入り歯磨き粉は外箱が必要ないと指摘した

同団体はキャンペーン専用サイト「ExijoForaDaCaixa」を立ち上げ、過剰包装の事例を写真で紹介。野菜や果物のラップ包装、4個組みヨーグルトの全体を覆う包装、缶詰やチューブ入り歯磨きの外箱、ティーバッグの個別包装などを公開し、「二次包装は多くの場合、家に帰るとすぐに廃棄されてしまう。マーケティングのためだけに使用される過剰包装もあり、企業と協力してこうした慣習を排除していきたい」と呼びかけた。

ただし、必須表示の記載や輸送の効率化、製品の保護を目的に二次・三次包装を使用しているケースがあるため、キャンペーンでは企業と協力して日常生活の無駄を減らしていきたいとしている。主な解決策として▽必須表示を記載した折り畳みラベルを一次包装に貼り付ける▽二次・三次包装の再利用を促す▽パッケージの素材をリサイクルしやすい素材へと段階的に統一していく――などを提案していきたいとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る