EU議長国にスロベニア 消費者団体がAI規制推進など要求

7月1日にスロベニアがEU理事会議長国に就任するのを前に、欧州各国の消費者団体で作るBEUC(欧州消費者同盟)は6月23日、7項目の推奨課題を盛り込んだ覚書を公表し、議題の最優先項目に加えるよう要求した。

議長国は加盟国による輪番制で、任期は6カ月。ポルトガルから重責を引き継ぐスロベニアは7月~12月までを担当し、就任時に議長国として取り組む最優先項目を明らかにする。

BEUCは「最優先課題には間違いなく新型コロナからの経済的・社会的回復が多く盛り込まれることになるが、EUの気候目標を達成するために欧州グリーンディールの迅速な展開も最重要になる」と指摘。消費者との関連性の高い7項目の課題を示し、最優先項目に取り入れるよう呼びかけた。

7項目は▽製品の安全性▽金融サービス分野の消費者保護▽持続可能な住宅と交通▽人工知能(AI)の規制強化▽ePrivacy規則の立法化▽デジタルサービス法案(DSA)の手続き推進▽デジタル市場法案(DMA)の手続き推進――。7項目のうち4項目をデジタル分野の課題が占め、AI規制については「消費者は新たなリスクにさらされるのではなく、AIによって恩恵を受けるべきだ。規制の範囲を拡大し、AIの商業的使用によって引き起こされる経済的危害や差別から消費者を保護する必要がある」と訴えた。

7項目の覚書は、消費者視点で最優先課題を列挙したもの。BEUCは「消費者を危険にさらしているものは何か。スロベニアはこの覚書を掘り下げて、議題のトップに何をすえるか検討してほしい」と呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動授乳枕
    枕に哺乳瓶を固定して、赤ちゃんが自分でミルクを飲めるようにした「自動授乳枕」について、英製品安全基準c
  2. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは11月30日、シャワーは短時間で済ますほうが肌にも環境にもc
  3. 全相協公開シンポ
    ◎法規制求める意見 公的機関と民間との連携も提案 デジタル化に伴う消費者トラブル急増を背景に11月c
  4. 2022年1月1日号
    特集 全相協が公開シンポ開催 「暮らしの変化と広告表示」テーマに議論 法規制求める意見 c
  5. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る