豆乳類の生産量過去最高、家庭での利用拡大 無調整タイプ牽引

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本豆乳協会(東京都千代田区)によると、昨年の豆乳類の生産量が前年比5.3%増の43万534キロリットルに達し、過去最高を記録した。コロナ禍で外食向けの減少が見込まれる中、家庭内での普及が進んでいるという。

2020年は「無調整豆乳」が15.4%増の12万5035キロリットルと好調だった。「調整豆乳」も2%増の20万9289キロリットルとなり、「果汁入り豆乳飲料」やコーヒー・紅茶などの「フレーバー系豆乳飲料」も堅調だった。

市場動向について同協会は、新型コロナの影響で外食需要が減少したほか、テレワークの増加により、オフィス街を中心とするコンビニでの利用者減もあったと分析。一方で、宅内需要が引き続き増加傾向にあり、家庭内での豆乳の普及が進んでいると報告した。

この10年間では無調整豆乳の伸長が目立ち、生産量が最も多い調整豆乳が08年(万5832キロリットル)からの10年間で倍増したのに対し、無調整豆乳は08年(2万999キロリットル)から20年の12万5035キロリットルへと約6倍に拡大。調整豆乳の生産量に迫る勢いを示しているという。

豆乳は飲用のほか鍋や料理など新たな活用も普及。「豆乳鍋」や「豆乳スイーツ・デザート」、「豆乳ラテ」、「紅茶豆乳」などが人気で、家庭内での利用シーンが広がっている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c
  2. 半導体不足により自動車メーカー各社が減産に追い込まれる中、米消費者団体コンシューマー・リポートは「今c
  3. 国民生活センター山田昭典理事長インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー コロナ対策を整備 成年年齢引下げ見据え若年消費者への注意喚起積極化 c
  4. 伊藤明子消費者庁長官インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー 食品ロス削減・エシカル消費・消費者志向経営を推進 長引くコロナ禍の中c
  5. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    消費者月間特別インタビュー 伊藤明子・消費者庁長官 「消費者被害防止、厳正に対処」 ~悪c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る