給与ファクタリング「ZERUTA」への被害回復手続き開始へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

特定適格消費者団体の埼玉消費者被害をなくす会(さいたま市)は現在、給与ファクタリング事業者ZERUTA(東京都新宿区)に対する被害回復訴訟(共通義務確認訴訟)の第二段階手続きを実施している。この手続きに参加すると、既払い金額の一部が返還される見通し。参加締め切りは7月30日。詳細はなくす会ホームページ参照を。

なくす会は昨年6月、ZERUTA(屋号・七福神)が「給与ファクタリング」業務を通じて違法な高金利による貸し付けをしているなどとして、さいたま地裁に被害回復訴訟を提起。今年2月、なくす会勝訴の判決が言い渡された。第二段階手続きでは個々の消費者の債権額を確定していく。回収見込み額は約150万円で、費用や報酬を差し引いた金額が被害者に返金される見通し。

参加対象者は2018年6月5日~今年1月15日までの間に同社と契約を結び、金銭を支払った人。

(本紙「ニッポン消費者新聞」6月1日号より一部修正・加筆して転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 国民生活センター
    国民生活センターは7月21日、「男性も増加!脱毛エステのトラブル」と題した消費者への注意喚起情報を発c
  2. ミツカン「味ぽん うまピリ」
    Mizkan(ミツカン)は8月4日、「味ぽん うまピリ」を新発売する。ロングセラーの「味ぽん」シリーc
  3. 英国の消費者団体Which?
    英国のおよそ570万世帯が電気通信サービス料金の支払いに苦慮しているとして、消費者団体のWhich?c
  4. 日本ヒーブ協議会公開講演会
    ◎「上司の顔色を優先」「場に合わないからと発言避ける」……、改善へのヒントも提示 働く女性の横断的c
  5. コーヒー
    UCCグループのユーシーシーフードサービスシステムズは7月1日からフードロス削減プロジェクト「フードc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る