全国水辺のごみ調査、レジ袋が一転増加 対策さらに推進を

◎延べ7401人参加、3年連続増加

市民が水辺に散乱するごみの状況を全国規模で調査する「全国水辺のごみ調査」の2023年結果が報告された。コロナ禍で激減していた調査活動が回復傾向にあり、参加人数は3年連続で増加した。ごみの個数調査では、飲料ペットボトルが増加する一方で、カップ型飲料容器が減少。有料化以降、減少傾向にあったレジ袋が増加に転じた。主催する全国川ごみネットワーク(東京都江戸川区)は「原因は不明だが、レジ袋の削減対策をさらに推進する必要がある」と報告している。

レジ袋の調査・回収総数8年目となる今回の調査には、延べ7401人(前年比600人増)が参加、調査件数は873件(147件増)に上り、調査距離は344.14キロメートル(115.85キロメートル増)に及んだ。感染症対策の落ち着きを受け、2021年以降、毎年、調査件数、調査距離、参加人数ともに増加していた。

調査・回収された飲料ペットボトルは3万5599本(6757本増)、レジ袋は8953枚(3641枚増)、カップ型飲料容器は3808個(1022個減)。レジ袋は2020年の有料化に伴い減少傾向にあったが、一転増加した。調査地点や件数が年々異なるため、単純比較は難しいが、同団体事務局の伊藤浩子さんは「活動の活発化に伴うものか、過去の散乱物が回収されたものか原因は不明。まだまだ多くのレジ袋が散乱していることが確認されているので、レジ袋削減をさらに推進する必要がある」とコメント。「バイオプラスチック製品であっても散乱している」と指摘した。

(本紙「ニッポン消費者新聞」4月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る