キユーピー 魚料理の悩み解消、10分で完成する調理用ソース

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キユーピーは6月23日から、フライパンで10分加熱するだけでメインのおかずが作れる調理用ソース「鮭の蒸し焼き」3品を新発売する。スーパーの鮮魚コーナーなどに陳列し、魚の消費拡大にもつなげたい考え。調理前から調理後までの魚料理の悩み事を解消するため、異業種とコラボレーションし、共同プロジェクトチームも立ち上げた。8日、記者発表した長南収社長は「日本で初めてマヨネーズを発売した際、鮭やカニ、ホワイトアスパラガスといった缶詰を美味しく食べるソースとして提案した。キユーピーの食卓提案のルーツと縁の深い新商品で、ボリューム感のある魚料理を手軽に作れ、野菜もしっかりとれる調味用ソースとなっている」とアピールした。

キユーピー鮭の蒸し焼きソース

新商品「わたしのお料理」鮭の蒸し焼きソースをPRする長南社長(右)と藤原上席執行役員。魚の消費拡大共同プロジェクトも展開する(8日、オンラインにて)

魚の生産量は1984年をピークに低迷が続き、現在は三分の一まで減少してきた。しかし直近1年間は巣ごもり需要の拡大により、魚の食卓出現回数が伸長。それを牽引する魚種の一つが、子どもから大人まで幅広く好まれる鮭だという。キユーピーは「鮭を厚切りにすることで肉料理に匹敵する主役感のあるおかずになる」(藤原かおり上席執行役員)とし、野菜とともに手軽に鮭が楽しめる調理用ソースを開発した。

新商品「鮭の蒸し焼き」はフレッシュストック事業のブランド「わたしのお料理」からの登場。<ガーリックソース オリーブオイル仕立て>、<バジルソース パルミジャーノ・レッジャーノ入り>、<トマトのソース ブラックオリーブ&ケッパー入り>の3つの洋風ソースを用意した。スーパーの鮮魚コーナーに強い営業力を持つグループ会社ケイパックが販売を担い、売り場の活性化にもつなげる。

昨年4月から本格始動したフレッシュストック事業は、コロナ禍における新たな消費者ニーズに対応するため、スーパーの青果・精肉・鮮魚・総菜などの低温食材コーナーに専用商品を投入する戦略。今回の新発売で各売り場に全22品をラインナップした。長南社長は「スーパーでの買い物が回数が減り、生鮮コーナーだけを回って短時間に済ませる人が増えるなど、購買行動が大きく変化している。多様化するお客様ニーズへの対応力が求められている」と強調。グループの技術を総動員して、おいしさと日持ちの延長を兼ね備えた商品を提案し、「内食におけるお客様の不便やお困りごとの解消していく」と語った。

同事業の上期売り上げは12億円に達し、年度計画25億円の達成を見込む。コンビニを中心に展開する「そのままパクっと食べられる ゆでたまご」は取扱店舗が拡大し、供給が追い付かない状況。千切りサラダ専用ソースも好調で、7月には業界初の4連カップ容器入りゆでたまごのテスト販売が控える。

夏戦略の柱となる「鮭の蒸し焼き」3品は6月23日より出荷を開始。オープン価格だが、店頭想定価格は税抜き258円。すでに1000店舗での取り扱いが決まっており、藤原かおり上席執行役員は「魚料理は下処理の手間やレパートリーの少なさ、ボリューム感を出しにくい、後片付けが面倒などの悩みがあるが、新商品は魚料理を手軽に作れ、野菜もしっかり取れる調理用ソース。旬の魚や野菜を使って四季折々の魚料理を楽しんでほしい」と提案した。

新商品の発売に合わせ、魚の消費拡大共同プロジェクトも始動。P&Gの食器用洗剤ブランド「JOY」やABCクッキングスタジオ、水産卸の山治などとコラボレーションし、魚の栄養価や調理方法などを発信していく。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    特集 食品表示デジタル化 9万食品対象に実証実験 消費者庁、12月中旬まで ~スーパーc
  2. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  3. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  4. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  5. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る