圧力鍋は入れ過ぎ注意 ふたは洗浄を 内容物噴き出しやけど🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

調理時間を短縮できるなどとして人気が高い圧力鍋について、やけど事故が相次いでいるとして、消費者庁が注意を呼びかけている。ふたが外れて内容物が噴き出たり、鍋がコンロから落ちたりする事故が目立ち、治療期間が1カ月以上となるケースも多かった。同庁は「メーカーや機種によって構造が異なるが、入れ過ぎに注意し、ふたの洗浄が重要な点はどの圧力鍋でも共通だ」として、取扱説明書や注意表示をよく確認して使用するよう指摘している。

圧力鍋は密閉状態で加熱することで水蒸気により内部に圧力をかけ、高圧・高温で調理する器具。通常の鍋では水は100℃以上に上昇しないが、圧力鍋では100℃以上の温度で調理することができる。ガスやIHで調理する製品のほか、近年は電気圧力鍋が台頭し、様々な構造のものが流通しているという。

消費者庁が把握した今年3月までの圧力鍋の事故は231件。そのうち153件が「ふたが外れ内容物が噴き出る」、「鍋とふたのすき間などから蒸気や内容物が噴き出して鍋がコンロから落ちる」といった事故。また、「調理中に部品が脱落する」、「鍋を移動させる際に内容物をこぼす」などの事故も報告された。これらの事故によりやけど(76件)や骨折(3件)などの人的被害も起きていて、そのうち21件が1カ月以上の治療期間を要する事例だった。

同庁によると、圧力鍋の蒸気口や圧力調整部分に詰まりがあると、安全装置が正常に働かず…(以下続く)

(本紙6月1日号「警鐘ー安全と危険の狭間で」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際葬儀連盟
    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)と国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)は6月23日、c
  2. アンケート調査
    千葉県建築相談協議会と千葉県弁護士会は共催で6月26日、一般市民向けに欠陥建築トラブル・法律相談を開c
  3. 欧州消費者同盟
    7月1日にスロベニアがEU理事会議長国に就任するのを前に、欧州各国の消費者団体で作るBEUC(欧州消c
  4. 水
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは6月17日、市販のボトルドウォーター(ボトル入り飲料水)かc
  5. ビジョンズへの措置命令を発表する消費者庁
    消費者庁は6月22日、「ついに部分痩せが可能に」「女の格を上げる塗るだけダイエット」などと痩身効果をc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る