全国消団連、5年ぶり「減塩」学習会 取り組みの最前線学ぶ🔓

心がけていても実践するのが難しい「減塩」――。国は減塩を優先的に取り組むべき重要な栄養課題と位置づけ、産官学の連携の下、「誰もが自然に健康になれる持続可能な食環境づくり」と題した新たな取り組みを始める。こうした中、全国消費者団体連絡会は8月26日、減塩の最前線を学ぶオンライン学習会を開催。各地から70人以上が参加し、行政や企業と活発な意見交換を行った。

全国消団連の減塩学習会

産官学連携の組織体による新たな減塩の取り組みを説明する厚労省・塩澤さん(左)と全国消団連事務局。健康寿命の延伸にも減塩は優先課題だと指摘する(写真は全国消団連提供)

減塩をテーマとした学習会は5年ぶり。浦郷由季事務局長は「今年2月から厚生労働省において『自然に健康になれる持続可能な食環境づくりの推進に向けた検討会』が開催され、減塩が大きく取り上げられた。健康的な食生活のためには塩分に関して意識することが大事。学習会での学びがプラスになれば幸いだ」とあいさつした。

講師を務めた厚生労働省健康課栄養指導室の塩澤信良室長補佐によると、日本人の食塩摂取量は1日当たり平均10.1グラムで、世界保健機関の推奨量(1日5グラム未満)の約2倍。摂取ルートは内食(自宅の料理)が5割を超え、2割が中食(持ち帰り弁当・総菜)。食品別では6割が調味料類で、しょうゆ(約20%)、食塩(約16%)…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都は2月8日、組織や事業別に約130あったツイッターアカウントを再編し、19アカウントに集約したc
  2. ホワイトハウス
    バイデン米大統領は2月7日に行った一般教書演説の中で、子どもへのターゲティング広告を禁止する方針を打c
  3. 食品安全グローバルネットワーク院内集会
    ◎表示制度・安全性試験の実態を報告 NPO法人食品安全グローバルネットワークは1月25日、参議院議c
  4. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  5. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る