【米国】高所からの避難用バッグ、幼児転落のおそれ 当局が警告

◎メーカー、販売中止に応じるもリコールは拒否

子どもをバッグに入れて、高所から緊急避難させる器具について、米消費者製品安全委員会(CPSC)は5月20日、深刻な転落リスクがあるとして、消費者に廃棄を呼びかけた。メーカーは昨年12月、CPSCの要請に基づき製品の販売中止に応じたが、リコールについては拒否している。オンラインで昨年末までの約11年間、販売が続けられてきたという。

ベビーレスキュー

CPSCが購入者に廃棄を呼びかけた緊急避難用バッグ。使用中にバッグが外れ、子どもが転落する危険性がある(CPSCプレスリリースより)

問題の製品は、セーフティ・インターナショナル社の「Baby Rescue Rapid Evacuation Devices」(幼児緊急避難装置)。緊急時に高所から乳幼児を降ろすための使い捨てバッグ。一部の製品には「中国製」のタグがついているが、ついていない製品もある。バッグには60フィート(約18メートル)の黄色いひもが付いていて、体重75ポンド(約35キログラム)を超える子どもは使用対象外としている。

CPSCの調査によると、使用中に破損し、バッグがひもから外れて子どもが転落する危険性があるという。

2010年から昨年12月まで、同社サイトやアマゾン、ウォルマート、Kマートなどのオンラインで一般販売された。CPSCは消費者には廃棄を、小売店や中古品業者には製品の撤去を呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 秦好子さん
    エコ・防災コンサルタント、主婦連合会常任幹事 秦好子さんインタビュー ◎横浜市初の女性消防職員 平c
  2. sns
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は1月27日、ソーシャルメディアのインフルエンサーによるc
  3. ウスターソース類テスト
    ◎北海道立消費生活センターが20銘柄テスト 健康志向の高まりを背景に、中濃ソースやとんかつソースなc
  4. 国民生活センター
    ◎国民生活センターがチェックポイント提示 被害に遭ったら迅速対応必要 デジタル社会の影の象徴か、偽c
  5. コンシューマーリポート
    1日に2回は口の中に入れる歯ブラシ――。米国の消費者団体コンシューマー・リポートは歯ブラシを清潔に保c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る