スポーツ大会の環境負荷、ポルトガルの消費者団体が問題視

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

国際的なスポーツ大会が環境に大きな負荷をかけているとして、ポルトガル最大の消費者団体DECOが問題提起している。選手や観客の移動に関連した温室効果ガスの発生、大量に消費される水、リサイクルされないスポーツ用具などの課題を示し、政府が対策を講じるべきだと訴えている。

DECOは北京で開かれた冬季オリンピックがほぼ100%人工雪で行われたこと、ポルトガルのアルガルヴェゴルフコースで1500万立方メートルもの水(地域の水消費量の20%に相当)が消費されていること、世界で年間3億個生産されるテニスボールがほとんどリサイクルされていないことなどを列挙。サッカーのワールドカップについては、毎回200万トン以上の二酸化炭素が排出され、その大部分が選手やスタッフ、ファンの輸送に関連していると指摘した。

DECOは「サッカーやサイクリングなどは一見環境負荷がないような種目に思えるが、大会レベルになると環境負荷が増大する」と主張。「我々がスポーツをやめるべきではないことは明らかだが、何らかの規制や対策が必要だ」と訴えている。

(本紙8月1日号「ニュース特急便」より転載)
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. サイト安全診断ツール
    ポルトガル最大の消費者団体「DECO PROTESTE」は9月28日、悪意のあるサイトかどうかを診断c
  2. 第16回キッズデザイン賞
    ◎消費者担当大臣賞に教育プログラム「メルカリ・エデュケーション」 キッズデザイン協議会が主催する「c
  3. 豪州消費者団体Choice
    消費者の同意を得ない形で顔認証機能付き監視カメラが小売り店舗に設置されていた問題を巡り、豪州の消費者c
  4. 欧州消費者同盟
    欧州で活動するNGO5団体が9月14日、欧州委員会の専門家グループである「持続可能な金融に関するEUc
  5. 東京都消費生活総合センター
    霊感商法への関心が高まっている状況を踏まえ、東京都は9月15日、緊急特別相談「霊感・開運商法特別相談c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る