健康食品、高リスクだと認識しないのもリスク 埼玉で消費者大会

◎食の分科会で畝山智香子さん講演

第58回埼玉県消費者大会が10月25日、埼玉会館(浦和区)で開かれた。午後からの「食の分科会」では、国立医薬品食品衛生研究所安全情報部部長の畝山智香子さんが「健康食品で健康になれますか」をテーマに講演。食品のリスクについて解説し、「健康食品は健康被害が発生するほどリスクが高いものだが、それを消費者が認識していないというのも別のリスクだ」と語った。畝山さんは「多様な食品からなるバランスのとれた食生活」を勧め、色々な食品を美味しく楽しく食べてリスク分散するよう呼びかけた。

埼玉県消費者大会食の分科会

アマメシバなどの健康被害事例を紹介しながら食品のリスクについて説明する畝山智香子さん。講演後に活発な意見交換がおこなわれた(10月25日、さいたま市にて)

会場とオンラインのハイブリット開催となった大会は午前に全体会、午後に食・消費者課題・映画の3つの分科会が開かれた。食の分科会には約50人が会場参加し、健康食品との付き合い方について学んだ。

講演した畝山さんは、すべての食品になんらかのリスクがあることを解説し、リスクを一定のレベル以下に維持する「リスク管理」の重要性を説いた。健康食品のリスクについては、「長期間にわたり大量摂取するため暴露量が大きくなる」、「死亡者を含む健康被害を出す食品カテゴリーは健康食品しかないというくらい極端にリスクが高い」と指摘。「消費者がリスクを認識していないというのも別のリスクであり、情報のギャップがリスクをさらに大きくしている」と語った。

一方で、リスクを管理する方法として「バランスのとれた食生活」を推奨。「特定の食品を安全だとか危険だとか断定すること自体、食の安全を正しく理解していないということ。食品を安全にするのも安全でないものにするのも、どう食べるかによる。比較的ハザードのある食品でも安全な食べ方はあるし、普通の食品でも変な食べ方をすると死ぬこともある」と述べ、リスク分散を念頭に置いた食生活の実践を呼びかけた。

(本紙「ニッポン消費者新聞」11月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る