電気ストーブ・こたつの発火事故増加 接触とつけっ放しに注意

火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のように発生しているとして、NITE(製品評価技術基盤機構)がこたつと電気ストーブの取り扱いに注意を呼びかけた。製品の不具合による事故が多いものの、全体の2割強は消費者の誤使用・不注意が原因。衣類などの可燃物がヒーターに接触する「ゼロ距離火災」や、電源を切らずにその場を離れる「ほったらかし火災」などが起きていた。

NITE製品安全センター製品安全広報課の山崎卓矢課長は「こたつや電気ストーブは暖を取るための製品。発火するほど危険ではないと思いがちだが、実際に事故が起きている。洗濯物を乾かすなどの誤使用や、つけっ放しにするなどの不注意には十分に気を付けてほしい」と語った。

こたつの発火事故

こたつの中で洗濯物を乾かすのは危険。ヒーターに接触して衣類に熱がこもり、最悪の場合、発火に至るという(NITE事故再現実験映像より)

NITEによると、2017年度から21年度の5年間に報告された「こたつ」と「電気ストーブ」の事故は合計347件。そのうちの284件(82%)が発火事故で、19年度以降、増加傾向にあった。被害状況別では、周囲の製品や家屋が焼損するなどの拡大被害が174件あり、火災となって死者が発生する事故も26件あった。死亡事故の内訳はこたつが4件、電気ストーブが22件だった。

事故原因の多くは製品の不具合などによるもの。こたつが6件、電気ストーブが143件となり、リコール対象製品が使用中に発火するなどの事故が起きていた。

一方、全体の2割強が消費者の誤使用・不注意によるもの。こたつ布団や洗濯物をヒーターに接触させたり、近づけすぎたりして発火する事故が多発していたほか、電源コードや電源プラグがショートして発火する事故も目立った。

大阪府で2019年1月、こたつ布団が焦げる事故が発生。歩行の邪魔にならないよう使用者がこたつ布団をこたつの中に押し込んだため、ヒーターユニットに接触して布団が焦げたという。また、東京都で2020年1月、電気ストーブによる火災が発生。電気ストーブの前に衣類を積み上げたまま外出したため、接触または放射熱により出火したとみられた。

こたつでは、こたつ布団のほか洗濯物や座椅子、座布団などの発火事故が発生。電気ストーブでは、洗濯物のほか近くのカーテンが発火した事例や、ペットやロボット掃除機が可燃物を運んできて火災になった事例もあるという。

死亡事故では80歳以上の高齢者の被害が多く見られた。NITEは「使い慣れから生じる誤使用で事故が起きていたり、発火した際、身体的な衰えで逃げ遅れたりしている可能性がある」と指摘。使用上の注意をよく確認し、正しく使用するよう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る