消費者庁来年度予算、1億円減 コロナ対策、デジタル化など柱🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

AIを法執行に活用 モデル事業も推進

2021年度の消費者政策予算案が決まった。一般会計で約119億円。前年度比約1億円減少だ。今年度の第三次補正約38億円を含め合計で約138億円となる。消費者庁は、重点事項として、新型コロナウイルス感染症と災害緊急時対応力の強化、デジタル・国際化への対応、消費者と事業者の協働促す取組推進、そして消費者政策基盤の整備など4点を掲げている。特にAI(人工知能)やITといったデジタル技術を活用した消費者被害の防止策については重きを置く。定員は14人増となり、徳島の消費者庁新未来創造戦略本部への配置が担当企画官を含め3人。消費者庁全体では、発足時の202人から来年度は378人となる。一方、疲弊する地方消費者行政担当者からは地方消費者行政強化交付金のいっそうの増額を求める意見が多い。

消費者庁の一般会計予算はこの5年間で減少傾向にある。2017年度は約122億円だったものが毎年微減。ただ今年の場合は、前年度増額された三次補正予算を加えると合計で約138億円となる。

柱は4点。キーワードは、新型コロナウイルス感染症、デジタル化と国際化、食品ロス削減といった消費者・事業者の協働事業推進、そして、消費者政策の基盤整備などの対策費だ。補正と来年度予算の中で予定される施策を挙げると次のようになる。

コロナ感染症対策には約15億円。この中には…(以下続く)

(本紙1月1日新年号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  2. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  3. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc
  4. 東京都健康安全研究センター
    鶏内臓によるカンピロバクター食中毒が発生していることなどから、東京都健康安全研究センターが鶏レバー、c
  5. アグリビジネス
    新型コロナ禍の巣ごもり需要で園芸市場が急成長する中、豪州の消費者団体CHOICEは9月6日、購入後にc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る