国民生活基礎調査の継続を要望 生活変化の把握重要 主婦連

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、厚生労働省が3月に今年度の「国民生活基礎調査」の中止を決めた問題で、主婦連合会は9月2日、調査の継続を強く求める要望書を同省などに提出した。「調査の中止は政府が国民の生活水準を把握できない状況を生む」と指摘し、国民生活のニーズが保証される権利、補償を受ける権利、知る権利が妨げられるとしている。

要望書によると、現在はマスクやアルコール消毒液が出回るなど、3月時点とは状況が変化していると指摘。臨時雇用による保健所の人員確保や非接触型の調査方法を導入することなどで調査の継続は可能だとした。

また、大規模災害が起きた年でも、災害地域を除いて全国調査を行ってきたと指摘。このままの調査形態を続ける限り、新型コロナの状況次第では来年度も実施できないということになりかねないと強調した。

国民生活基礎調査は世帯ごとの保健、医療、福祉、年金、所得などの状況を調べる基幹統計で、3年ごとに大規模調査を実施し、その間の各年は簡易調査を行う。今年度は簡易調査を行い、保健所などを通じて調査員が約5万5000世帯を訪問する予定だった。

主婦連は「所得などの調査を継続的に行うことは国民生活がどのように変化したのかを客観的に考察するためには不可欠だ」と指摘。保健所が1994年の847か所から今年は469か所へと減少していることにも触れ、調査の継続とともに保健所の体制強化も求めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. network
    東京・千葉・埼玉の約355万人が加入する最大の生協、コープみらいの社会活動財団(さいたま市)は、子ど...
  2. 消費者庁
    法執行でAI活用 相談員は在宅でパイオネットに接続 コロナ禍で消費生活大波乱の中、9月29日、消費...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 コロナ禍の新たな消費者被害 非対面契約苦情が増加 オンライン美容医療でも危害発生 ...
  4. 公益科学センター
    スーパーでのレジ待ちの際、誘惑に負けて、近くの陳列棚に並ぶ甘いスナックや飲料を追加購入してしまう人も...
  5. イベント
    企業の消費者関連部門でつくる消費者関連専門家会議(ACAP)は10月28日、創立40周年記念シンポジ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る