「悪質業者名公表」運用手法を整備 国センが新たな規程提示🔒

旧統一教会による消費者被害が社会問題化したことを契機に国民生活センター法が改正されたが、同センターは改正法に基づき新たな事業者名公表制度運用などの対応に取り組んでいる。同センターADR(裁判外紛争解決手続き)機能の強化についても環境整備を推進。今後、迅速な悪質事業者名公表が推進されていくか、注目される。

同センターは1月5日、これまでの「国民生活センター情報提供規程」を改正・施行した。センター法改正に基づく措置だ。

パイオネット(PIO‐NET)情報、医療機関ネットワーク情報、相談事例情報、商品テスト情報などを対象にする。消費者利益の擁護・増進に向け……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」3月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 味ぽんラッピング電車
    ◎相性の良さを車両や中吊りでアピール 味ぽんとアジフライの相性の良さをアピールするため、ミツカンはc
  2. スバルファイブスター大賞
    国土交通省とナスバ(自動車事故対策機構)が実施する2023年度自動車アセスメントにおいて、スバル「クc
  3. 日本毛髪工業協同組合総会
    ◎取引ガイドラインの遵守・普及も積極化 「日本毛髪工業協同組合」の54回目にあたる定時総会が5月9c
  4. ゴマ
    米食品医薬品局(FDA)と米農務省(USDA)が公表した2023年の食品リコールは300件以上にのぼc
  5. 全葬連通常総会
    ◎事業者届出制度の導入も働きかけ 全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)は5月30日、第49回通常総c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る