【米国】ワイヤーブラシでのグリル掃除 金属片誤食しケガ

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

グリル掃除にワイヤーブラシを使うと、抜け落ちた金属片が食材に付着して口やのどを傷つけるおそれがあるとして、米消費者情報誌コンシューマー・リポートが注意を呼びかけている。2014年までの13年間に1700人が救急治療室(ER)に運ばれたとの報告もある。毛のないコイル状たわしなどの使用を検討してほしいとしている。

毛の部分が金属製のワイヤーブラシは、グリルにこびりついた頑固な油汚れやさびなどを落とすのに大いに役に立つが、同誌は「知られざる欠点がある」と指摘する。抜けたり欠けたりした毛がグリルの調理面に固着し、食材に付着。それを誤って食べてしまうとけがをする危険性があるという。

2016年に発表された耳鼻咽喉科・頭頸部外科に関する研究によると、02~14年までの13年間に、ワイヤーブラシの金属片を摂取した1700人(推計)が救急治療を受け、4人に1人が入院を余儀なくされた。ミズーリ大学医学部のDavid Chang医師は「この結果はERにおける値で、ほかの救急施設や外来の患者を含んでいない」とコメントし、事故の発生頻度を過小評価してはいけないと指摘した。

抜け落ちた金属製の毛は小さい上、硬くて鋭利。事故の多くが口やのどを傷つけたケースだったが、食材ごと飲み込んでしまい、胃や腸を傷つけた事例もあった。

コンシューマー・リポートはグリルの種類に適したブラシの使用を推奨。軽石やコイル状の毛のないブラシを使う▽抜け毛が発生する前にブラシを交換する▽汚れ落ちを良くするために液体グリルクリーナーを使う▽掃除の前にグリルを少し温めて汚れを浮かす▽ワイヤーブラシで掃除した場合は毛が固着していないか確認する――などをアドバイスした。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 架空請求対策緊急提示
    内閣総理大臣を会長に全閣僚を委員として構成する「消費者政策会議」は7月22日、架空請求詐欺が急増して...
  2. 消費者庁
    商品の価格を据え置きながら内容量を減らす「ステルス値上げ(実質値上げ、隠れ値上げ)」――。 加...
  3. 東京地方裁判所
    NTTドコモに対して埼玉消費者被害をなくす会が訴えている控訴審第一回弁論が7月18日、東京高裁で開か...
  4. 香港消費者委員会
    セルライト除去クリームの効果はごくわずかで一時的、しかもボディーローションと同程度だった――。こうし...
  5. 日本消費者連盟
    韓国・ソウルで7月19日、日米韓の消費者・市民団体が遺伝子組み換え表示をめぐる国際シンポジウムが開催...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る