【米国】問題のベビーベッド、一転リコールへ 遅すぎるの声🔓

米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパー(Rock’n Play Sleepers)」が注意喚起措置から一転、リコール(自主回収)されることになった。消費者団体は「発売から10年。あまりにも遅すぎる」と非難した。

CPSCが警告したベビーベッド

注意喚起から一転、自主回収されることになったロックンプレイ・スリーパーの一製品(CPSCホームページより)

米消費者製品安全委員会(CPSC)が同社とともに5日、CPSCアラートを発して同製品の使用上の注意を呼びかけたが、1週間たった12日、470万台にも及ぶ自主回収措置がとられることになった。5日の発表では、死者数は「2015年以降10人」とされていたが、12日の発表では「2009年の発売開始から10年間に30人以上」と修正された。

5日のCPSCアラート発表を受け、コンシューマー・リポートが8日、「2015年よりも前に死亡事故が起きていた」と指摘し、リコールを要求していた。

同団体は2011年に最初の事故を把握したとし、その後、同社への訴訟が複数件あったと指摘。2013年10月にはテキサス州で2カ月の女の子が死亡、最近では今年の春にテネシー州で1歳の女の子が死亡したことを明らかにした。

また、米国小児科学会(AAP)も9日、「CPSCとフィッシャー・プライス社のアラートは乳児の安全確保には程遠い。この製品は致命的であり、すぐに回収すべきだ」との声明を発表。傾斜のついた寝具に赤ちゃんを日常的に寝かしてはいけないと注意を呼びかけた。

実はCPSCは昨年5月、傾斜のついた睡眠製品に関するコンシューマー・アラートを発していて、赤ちゃんが寝返りを打たないよう拘束具で固定するよう「強く推奨する」と警告していた。当時CPSCは、コンシューマー・リポートの問い合わせに対し「ロックンプレイでの死亡事故は認識しているが…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る