「瓦が飛ぶ」と不要な工事勧誘 愛知県、3カ月の業務停止命令

  • 2018/12/21
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

「このままだと屋根瓦が飛ぶ」などとうその説明をしてリフォーム工事の契約を勧誘していたなどとして、愛知県は12月20日、名古屋市東区の「第一健装」に対し、特定商取引法違反(不実告知など)で3カ月の業務停止命令を出した。国(経産省中部経済産業局)との合同調査により違反行為を認定した。

県民生活課によると、同社の営業員は「お宅の屋根瓦が浮いているのが見えた」などと突然訪問し、屋根に上って撮影した写真を見せながら「このままにしておくと瓦が台風で飛ぶ」「隙間から雨水が入り込み、雨漏りするようになる」などとうその説明をして不安をあおり、屋根補修工事を勧誘していた。

県内窓口には、同社に関する相談が直近3年間に38件寄せられていた。契約金額は平均96万6995円、最高額は440万円にのぼる。

県が特定商取引法に基づく業務停止命令を出すのは2年9カ月ぶり。点検を口実としたリフォーム工事の勧誘については、「その場ですぐに契約せずに、身近な人に相談して複数の業者から見積もりをとるなどじっくりと検討してほしい」と注意を呼びかけた。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る