<ミツカン>「焼あごだし鍋つゆ」絶好調 3カ月で300万個出荷

  • 2018/1/10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な鍋シーズンを迎え、ミツカンが昨年8月3日に発売した「〆まで美味しい 焼あごだし鍋つゆストレート」の売り上げが絶好調だ。9~11月期の出荷数が累計300万個を超え、計画の約2.7倍を超過している。

鍋つゆ市場は60歳以上の消費者からの支持を獲得し、購入金額が増加している。あっさりとした和風の味わいが人気で、その中でも「あごだし」がこだわりの素材として注目されている。

ミツカン「焼あごだし鍋つゆ」

絶好調のミツカン「焼あごだし鍋つゆ」。今冬はあごだしに注目だ

今冬は前シーズンと比べて全国的に気温が低く、鍋に使われる野菜の価格も比較的安定していることから、鍋つゆ市場も9~11月期で前年より2桁伸長している。ミツカンの鍋つゆセグメント全体の同期間出荷数も前年比約1.2倍と好調に推移しており、特に「焼あごだし鍋つゆ」は計画を大きく上回る売り上げを達成し、存在感を示した。

「〆まで美味しい 焼あごだし鍋つゆ」は焼きあごのほかにかつお、煮干し、さば、鶏がら、しいたけ、昆布の計七種のだしをブレンド。あっさりしていてコクのある味わい。〆の雑炊も絶品だ。1パック750gで3~4人前。350円(税抜き)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    アマゾンやアリババといった巨大ネット企業が食品スーパーの買収を進めている問題で、国際消費者機構(CI…
  2. 第58回全国消費者大会
    全国の消費者団体が一堂に集い、活動実績を共有する「全国消費者大会」が3月16日と17日の両日、東京・…
  3. 東京都食品安全情報評価委員会
    代表的な熟成肉として人気のある「ドライエイジングビーフ」の喫食部分から食中毒菌を検出したとして、東京…
  4. ixs処分を発表する消費者庁
    消費者庁は2月20日、学生を中心に「FGN」と称するビジネススクールの役務提供を連鎖販売取引で展開し…
  5. アルミ缶回収協力者表彰
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は2月16日、東京都内で2017年度アルミ缶回収協力者合同表…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る