<ミツカン>「焼あごだし鍋つゆ」絶好調 3カ月で300万個出荷

  • 2018/1/10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な鍋シーズンを迎え、ミツカンが昨年8月3日に発売した「〆まで美味しい 焼あごだし鍋つゆストレート」の売り上げが絶好調だ。9~11月期の出荷数が累計300万個を超え、計画の約2.7倍を超過している。

鍋つゆ市場は60歳以上の消費者からの支持を獲得し、購入金額が増加している。あっさりとした和風の味わいが人気で、その中でも「あごだし」がこだわりの素材として注目されている。

ミツカン「焼あごだし鍋つゆ」

絶好調のミツカン「焼あごだし鍋つゆ」。今冬はあごだしに注目だ

今冬は前シーズンと比べて全国的に気温が低く、鍋に使われる野菜の価格も比較的安定していることから、鍋つゆ市場も9~11月期で前年より2桁伸長している。ミツカンの鍋つゆセグメント全体の同期間出荷数も前年比約1.2倍と好調に推移しており、特に「焼あごだし鍋つゆ」は計画を大きく上回る売り上げを達成し、存在感を示した。

「〆まで美味しい 焼あごだし鍋つゆ」は焼きあごのほかにかつお、煮干し、さば、鶏がら、しいたけ、昆布の計七種のだしをブレンド。あっさりしていてコクのある味わい。〆の雑炊も絶品だ。1パック750gで3~4人前。350円(税抜き)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup!記事

  1. コンシューマー
    アメリカ消費者連合(CFA)は6月20日、設立50周年を祝う式典を開催したと発表した。傘下会員275…
  2. 消費者委員会
    消費者問題解決への手法としてIoTやAI(人工知能)を活用する検討が取り組まれている。消費者委員会は…
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会は、コープ(CO・OP)商品の商品力強化の取り組みの一環として、アレルギー対応…
  4. 講演する印鑰智哉さん
    4月の種子法廃止が食生活にどう影響してくるのかを考える学習会が6月20日、東京都消費生活総合センター…
  5. 消費者庁徳島オフィス
    昨年7月に徳島県庁に開設された消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」の開設1周年記念シンポジウムが…

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー…
  2. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え…
ページ上部へ戻る