ダイドー、抗ウイルス対応自販機展開へ 駅やSAなどに1万台

ダイドードリンコは8月25日、公衆衛生の高まりに対応するため、「抗ウイルス対応自動販売機」の展開を始めたと発表した。

手で触れる商品選択ボタンなどに特殊なコーティング剤(抗ウイルス剤)を施した自販機を展開し、安心して飲料を購入してもらう取り組み。鉄道関連施設や高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)などに優先的に配置していき、約1万台を展開する予定だという。抗ウイルス対応自販機には「抗ウイルス抗菌加工済みステッカー」を貼って周知する。

抗ウイルス抗菌加工済みステッカー

抗ウイルス対応自販機に貼る「加工済みステッカー」(報道発表資料より)

塗布するコーティング剤は、ヤマモトホールディングス(千葉県松戸市)が開発した「ドクターハドラス」。塗布すると空気と反応して高純度のガラス皮膜を作る仕組みで、汚れや傷を防ぐとともに、抗菌・抗ウイルス性を発揮。その効果は約5年間持続するという。同商品は抗ウイルス性・抗菌性・安全性を認証する「SIAAマーク」を取得しているという。

ダイドーはこれまでも、巡回時に消毒剤を塗布する対応を取ってきたが、昨今の公衆衛生意識の高まりに対応したとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 東レ「水を纏う」Tシャツ
    東レは水で濡らして冷却効果を得る高機能Tシャツをクラウドファンディングで販売している。9月10日から...
  2. sns
    欧州では、栄養価や加工度などを基に独自の基準で食品をランク付けする「食品評価アプリ」が多数登場してい...
  3. 井上信治消費者担当大臣
    消費者担当大臣に就任した井上信治新大臣は9月17日、初の担当記者会見に臨み、消費者庁及び消費者委員会...
  4. 21日から始まる秋の全国交通安全運動を前に、日本損害保険協会は9月16日、「全国交通事故多発交差点マ...
  5. スマートフォン
    新型コロナウイルス感染症によりテレワークが広がる中、より速いブロードバンド(BB)回線に乗り換えたい...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る