アルミ缶リサイクル協会、クイズでリサイクルを啓発

アルミ缶リサイクル協会(東京都中央区)は、東京ビッグサイトで12月7日~9日まで開催している「エコプロ2017」に今年も出展した。初日だけで小中学生を中心に約1500人がブースを訪問する盛況ぶり。来場者は展示パネルをヒントにしながら、アルミ缶リサイクルクイズを次々と解いていった。同協会の小林裕部長は「子どもたちにアルミ缶リサイクルに親しんでもらう機会にしたい」と話し、集団回収のさらなる普及拡大に意欲を示した。

アルミ缶リサイクル協会がエコプロ出展

アルミ缶リサイクル協会のブース。初日だけで約1500人が訪れた(8日午前)

アルミ缶リサイクル協会の趣向を凝らしたブースは例年人気が高く、昨年の入場者は3日間で約3500人に上った。今年は昨年を上回る4000人の参加を見込み、初日だけで約1500人が訪問したという。

ブースの目玉は子どもでも楽しめるリサイクルクイズ。アルミ缶リサイクルに関するクイズを4問出題し、ブース内に展示されたパネルをヒントにしながら解いていく趣向。回答用紙を提出すると、非売品のボトル缶入りのお茶がもらえる。

クイズに挑戦した小学生は「リサイクルクイズが面白かった。家ではお母さんがアルミ缶を分別している」と笑顔で語った。大人も楽しめるようアルミ缶で作った折り鶴や日本で最初のオールアルミ缶ビール(アサヒビール)なども展示した。

家庭からでるアルミ缶の回収方法で最も多いのは、地域のボランティアや学校などによる集団回収。同協会は、こうした草の根活動を支援するため回収協力者表彰に力を入れている。2016年度のアルミ缶リサイクル率は92.4%を達成し、このうち62.8%が再びアルミ缶に生まれ変わった。小林部長は「アルミ缶は循環型飲料容器であり、回収してリサイクルすると、ごみの減量やエネルギーの節約など良いことがたくさんある。こうした回収の考え方を広げていきたい」と強調した。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る