キッズデザイン賞237点発表 新しい生活様式への対応提案

キッズデザイン協議会は8月21日、子どもの安全・安心や成長発達に役立つ製品やサービスを顕彰する「第14回キッズデザイン賞」の受賞作品237点を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で新しい生活様式が推奨される中、おうち時間を豊かにする玩具や遊具、住宅関連設備などの応募が増加傾向にあった。内閣総理大臣賞や消費者担当大臣賞などの優秀作品は9月30日に発表し、表彰式を行う。

今回は応募期間中に緊急事態宣言が発令されるなど、例年とは大きく状況が異なる中、企業や自治体、教育機関、NPOなど幅広い団体から390点の応募があった。

審査委員(審査委員長・益田文和氏)が子どもへの安全配慮や機能性、有用性などを審査した結果、237点をキッズデザイン賞に選定。9月30日には、受賞作品の中から最優秀賞の「内閣総理大臣賞」など優秀作品を発表し、表彰する。

今年の応募作品は、新型コロナ禍で新たな課題に直面する中、おうち時間を豊かにすることに貢献する製品やサービスの応募が増加傾向にあった。また、SDGs(持続可能な開発目標)の実現を目指した取り組みに関する応募も増加傾向にあり、子どもと一緒に未来の地球や社会を考える動きが見られたという。

キッズデザイン賞の累計応募数は5376点、受賞数は3205点となった。9月30日の表彰式は例年通り六本木アカデミーヒルズでおこない、オンラインでの開催も予定している。

第13回キッズデザイン賞表彰式

昨年開催された「第13回キッズデザイン賞表彰式」の様子

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. network
    東京・千葉・埼玉の約355万人が加入する最大の生協、コープみらいの社会活動財団(さいたま市)は、子ど...
  2. 消費者庁
    法執行でAI活用 相談員は在宅でパイオネットに接続 コロナ禍で消費生活大波乱の中、9月29日、消費...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 コロナ禍の新たな消費者被害 非対面契約苦情が増加 オンライン美容医療でも危害発生 ...
  4. 公益科学センター
    スーパーでのレジ待ちの際、誘惑に負けて、近くの陳列棚に並ぶ甘いスナックや飲料を追加購入してしまう人も...
  5. イベント
    企業の消費者関連部門でつくる消費者関連専門家会議(ACAP)は10月28日、創立40周年記念シンポジ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る