国セン・山田昭典理事長 デジタル対応・情報発信、より積極化🔒

消費者月間特別インタビュー

◎パイオネット刷新、不断に見直し ADR事業・オンライン研修事業も推進

今年の消費者月間では、デジタル時代での消費者力向上が提唱される。「気づく」「断る」「相談する」――。これらの重要性が呼びかけられ、各地で関連イベントが開催される。ニッポン消費者新聞は消費者月間にちなみ、国民生活センター・山田昭典理事長に同センターの今後の取組をインタビューした。山田理事長は適切・迅速な情報発進を推進し、消費者の消費者力アップを支援していくことを表明。全国の自治体職員・相談員対象の研修事業をはじめ、国境を越える消費者トラブルや訪日観光客の相談対応も積極化させていくとする。また、消費者団体訴訟制度の支援、同センターADR事業の整備などにも力を入れ、幅広い取組への期待に応えていくことも示唆した。インタビューでは主に、相談業務のDX、消費者被害の防止・救済、国際トラブルへの対応などを中心に方針を尋ねた。山田理事長の発言概要は次の通り。

山田昭典・国民生活センター理事長

◎デジタル社会への対応、情報発信、より積極化

今年の消費者月間のテーマは「デジタル時代に求められる消費者力とは」です。通信分野などでデジタル技術が急速に生活に浸透する中、消費者にはかつてない消費者力が求められるようになりました。国民生活センターは消費者被害の防止や救済、適正な情報発進などを通して消費者の「消費者力」の向上を支援する活動にいっそう力を入れてまいります。

私は理事長に就任した時、今のデジタル社会の特徴と当センターの役割を車の運転にたとえて説明したことがあります。デジタル社会とは、誰もが、いつでも、どこでも、世界につながることを特徴としています。しかし、まだまだデジタル社会の道路には至るところに穴があり、急カーブもあります。思わぬ事故にあいかねない難所もあります。この道路環境のもと、消費者側もちょうど運転免許を持たないままに運転しているようなもので、極めてリスクの高い走行環境に置かれています。

そのような中にあって、当センターの役割は、運転の方法や守るべき法規制を教える自動車教習所にまではなれないが、未整備な道路に適正な標識や信号機の設置を提案するなど道路環境整備や、ルールに関する情報を提供したりするものと考えます。道路の穴に落ちる人がいれば素早く引き上げる、そういう被害救済も含めた役割発揮が期待されているのが当センターであり、デジタル社会が進展するほどに、消費者の利益を重視した消費者対応の実践が当センターに求められている、と実感しています。

デジタル社会をこのような運転環境にたとえるなら、その中での消費者力とは、標識の内容や意味を知り、ルールの中身を消費者自身が認識・実践し、安全運転へと適切に活かしていくことにあるのではないでしょうか。当センターには、その重要性を消費者に伝えていく力が求められ……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間特集号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る