「持続可能な社会」共創へ ヒーブらしさ発揮 鈴木聖子さん🔒

日本ヒーブ協議会新代表理事・鈴木聖子さん

「社会の変化に柔軟に対応するためにも、会員の思いやニーズにどう応えていくか、ヒーブらしさとは何かを改めて見つめ直すことが課題です」

今年4月、日本ヒーブ協議会は定時総会を開き、新役員体制を決めた。中村尚美さん(日新製糖)の後を引き継ぎ、新代表理事に選出されたのが鈴木聖子さんだ。働く女性の異業種・横断的なネットワークという特徴を持つ日本ヒーブ協議会。創立46周年の歴史を背負い、代表理事の重責を担う。

日本ヒーブ協議会鈴木聖子さん

「この46年間で、働く女性を取り巻く環境は様変わりしました。現在は、女性・男性ということではなく、人それぞれが多様なバックグラウンドを持っていることを理解し合うことも大切な社会的テーマとなっています。また、消費生活のデジタル化も背景とする急速な環境変化の中で、ヒーブはどう活動し、ヒーブらしさを発揮していくにはどのような取組が求められているのか、会員の皆さんと話し合いながら、ともに認識を深めていきたいと思います」

一人ひとりの価値観を認め合い、尊重し合う社会の構築、それに向けた会員同士の自由闊達(かったつ)な意見の交流、これらを重視していく中で、日本ヒーブ協議会としての厚みを育んでいきたい、と抱負を語る。

「ヒーブの強みは、生活者の視点と、企業人の視点をあわせ持ちながら、様々なテーマについて、スピード感あふれる取組を展開する実施力です。例えば、外出控えなど、国民に行動自粛が要請されたコロナ禍のときには、会員からの“対面が無理ならオンラインでつながろう”という意見を受け、すぐさまオンライン会議システムを導入して全国の会員との結びつきを確保することができました。コロナ禍でも、ヒーブ活動を余儀なく停止せざるを得なかった期間は……(以下続く)

(本紙6月1日号「消費者問題はいまー提言」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  2. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  3. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c
  4. 日本人の多くの年代で不足がちなたんぱく質。通常の食事で不足するたんぱく質を補うために、各メーカーからc
  5. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る