発売90周年、「キリンレモン」大リニューアル発売

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

今年で発売90周年を迎える「キリンレモン」が4月10日、大リニューアル発売される。誕生時より受け継がれてきた品質本位の誠実なものづくりを継承しつつ、素材と製法に磨きをかけ、現代のライフスタイルにふさわしい爽やかさとおいしさを実現した。キリングループのシンボルの聖獣が目印だ。

発売90周年キリンレモンキリンレモンが発売されたのは1928年3月16日。今年で90周年を迎える。誕生時のこだわりは「人工甘味料不使用」「着色料不使用」「無色透明の瓶」の三つ。当時は色付きの飲料が主流で、無色透明の液色や瓶へのこだわり、風味や品質面で高い評価を受け、消費者から支持されたという。

今回のリニューアルでは、誕生時の基本理念はそのままに、素材と製法にこだわり、現代のライフスタイルにあった爽やかさとおいしさにこだわった。

具体的には、瀬戸内レモンピールエキス(広島産)と天然水を使用。レモン果汁を搾ってそのまま炭酸水に加えたような爽やかですっきりとした味わいに仕上げた。もちろん人工甘味料、着色料、保存料は不使用だ。

パッケージは初代キリンレモンをモチーフにデザインした。ボトルのシルエットを瓶に見立てて、透明感とさわやかさを演出するとともに、キリングループの象徴の聖獣マークを中央に堂々と配し、ものづくりへの本気感を表現した。キャップは基本デザインの「キリンレモンロゴ」に加え、「聖獣マーク」のものを混ぜた。聖獣「麒麟」は古来から中国に伝わる伝説上の動物で、おめでたいしるしと考えられており、このキャップを見つけたら幸運がもたらされるかもしれない。

450ミリリットルペット(140円)、1.5リットルペット(320円)、500ミリリットル缶(130円)、350ミリリットル缶(115円)、190ミリリットル缶(80円)を用意した(価格は消費税抜き希望小売価格)。「復刻版キリンレモン」が抽選で1万名に当たるキャンペーンも展開する。

(本紙「ニッポン消費者新聞」4月1日号より転載)

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る