消費者トラブルに遭った高齢者、25%が「周りにいる」

消費者トラブルに遭った高齢者が周りにいるか聞いたところ、25.5%の人が「いる」と回答したことが、神奈川県の調査でわかった。トラブルの種類はリフォーム工事、健康食品、インターネット接続回線などが上位を占めた。また、8割近くの人が高齢者の見守りの重要性を認識していたものの、実際に周りで見守りをしている人を知っているのは3割強にとどまった。県は調査結果を今後の施策に反映させる方針だ。

調査は今年1月、消費生活eモニター327人を対象に行い、235人が回答した。

調査結果によると、全体の25.5%が周りで高齢者が消費者トラブルに「遭った」「遭ったと聞いた」ことがあると回答。トラブル経験者との関係は「家族、親戚」が40%で最も多く、以下、「近隣住人」21.7%、「友人、知人」15%などの順。トラブルの種類は「リフォーム工事による請求」が17.1%で最も多く、「健康食品などの送り付け」14.3%、「インターネット接続回線の契約」12.9%、「デジタルコンテンツ」10%、「投資・債券購入」7.1%と続いた。

高齢者トラブルの未然防止に重要だと思うことをたずねたところ、「身近な人による日頃からの情報提供、声掛け、見守り」が77.4%で最も多く、「高齢者に多い悪質商法や消費者被害に関する情報提供」73.6%、「行政による悪質業者への取締り、事業者指導の強化」71.9%が続いた。周りで見守りしている人の有無を聞いたところ、「いる」との回答は33.2%で、「いない」が66.8%と大半を占めた。見守りをしている人は「家族・親戚」が最も多く、「民生委員」が続いた。

見守りについての意見では、「家族がそばにいるのが一番だが難しい状況もあるので隣近所や自治会や地域のふれあい、声掛けは大事だ」、「複数の団体がそれぞれ行うと、かえって混乱する場合がある」、「人に迷惑をかけることを嫌う方々が多いので、できるだけたくさんの方が緩やかに見守れると良い」などの声が寄せられた。県は調査結果を踏まえ、消費者教育の推進や的確な情報提供に取り組みたいとしている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る