<米国>日焼け止め、保存状態良ければ去年の使い残しもOK

去年使い残した日焼け止め--。使っていいものか迷うところだが、米消費者情報誌コンシューマーリポートは「室温で正しく保存されていれば多分、大丈夫だ」とアドバイスした。

前述のアドバイスは、「去年のチューブに残った日焼け止めは使っていいのか」との問いに対して回答したもの。日焼け止めの有効期限は原則3年間だとし、「容器に記載された表示に従い、有効期限が過ぎたものは使わないでほしい」と呼びかけた。ただし、米食品医薬品局(FDA)の規則では、3年間の品質保持が担保されている製品には表示義務がなく、すべての製品に期限表示が記載されているわけではない。表示のない製品については、容器に購入日を書き込むことが重要だとアドバイスした。

日焼け止めの天敵は熱と湿度。同誌は「期限内であっても効果を発揮するかどうかは保存状態で異なる。自動車のダッシュボードや浴室といった温度変化の激しい場所での保管は有効成分の分解を加速させる」と指摘した。室温で適切に保管されていれば、有効期限が残り6カ月しかない製品でも新品と同じ効果を発揮するとした。

開封した製品でも同様。商品テストを担当したスーザン・ブース氏によると「半分使った日焼け止めでもキャップをして正しく保管すれば劣化することはない。去年のテストで使い残した製品の効果を調べたが、パフォーマンスに違いはなかった」と語った。品質劣化の目安は▽成分が分離している▽水っぽい▽変色・異臭がする--など。こうした状態が確認された場合、期限内でも廃棄してほしい呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. network
    東京・千葉・埼玉の約355万人が加入する最大の生協、コープみらいの社会活動財団(さいたま市)は、子ど...
  2. 消費者庁
    法執行でAI活用 相談員は在宅でパイオネットに接続 コロナ禍で消費生活大波乱の中、9月29日、消費...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 コロナ禍の新たな消費者被害 非対面契約苦情が増加 オンライン美容医療でも危害発生 ...
  4. 公益科学センター
    スーパーでのレジ待ちの際、誘惑に負けて、近くの陳列棚に並ぶ甘いスナックや飲料を追加購入してしまう人も...
  5. イベント
    企業の消費者関連部門でつくる消費者関連専門家会議(ACAP)は10月28日、創立40周年記念シンポジ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る