丸形LEDランプ、取り付け不可の器具も 北海道テスト

LED照明器具はもちろん蛍光灯照明器具にも取り付けられる丸形LEDランプについて、使用できない蛍光灯照明器具があるとして、北海道立消費生活センターが注意を呼びかけた。リモコン付きのものや点灯操作時に電子音が鳴るタイプのものが該当し、ランプを購入する際は表示をよく確認するようアドバイスしている。

丸形LEDランプ

価格は高いがランニングコストで優位に立つ丸形LEDランプ。左から30形、32形。右は蛍光灯(北海道立消費生活センター提供)

蛍光灯照明器具にも使用できる丸形LEDランプは一部のメーカーが販売しているもので、今回テストしたのはアイリスオーヤマ6銘柄(30形3銘柄、32形3銘柄)とヤマダ電機の1銘柄(32形)の計7銘柄。蛍光灯(NECライティングのホタルック)2銘柄と比較し、品質や省エネ性能などを調べた。

丸形LEDランプの照度、電圧変動などはいずれも問題なく、全銘柄とも不具合や故障もなかった。気になる省エネ効果のテストでは、丸形LEDランプの消費電力は蛍光灯の半分以下。価格は蛍光灯(約1300円)の2.8~3.5倍(3650~4660円)するが、寿命は4万時間と約4倍の長さだった。1日8時間使用した場合のLEDランプ寿命までの維持費(購入代金や電気代)は、蛍光灯が8万円を超えるのに対し、LEDランプは4万円以下と経済的だった(電気代は30円/kWh換算)。

テストしたランプはいずれも蛍光灯照明器具に取り付けることができ、LED照明器具に交換することなく使用できた。ただし、リモコン付きのものや点灯操作時に電子音が鳴る蛍光灯照明器具では使用できないものがあったほか、取り付け方法もメーカーによって異なっていた。

最近はスリムタイプのFCL(管径16.5ミリメートル)対応製品も販売されるようになり、さらに導入しやすくなった丸形LEDランプ。北海道立消費生活センターは「蛍光灯からLEDランプに取り替えた場合、暗く感じることがある。明るさや取り付け方法などを含め、購入時によく確認してほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    町中に設置されている電子看板(デジタルサイネージ)が通行人のスマートフォンのデータを収集し、購買デー...
  2. ペットボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区)は11月20日、3R推進活動状況をまとめた年次報告書...
  3. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...
  4. 葬儀事前相談員資格認定試験
    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  5. 風力発電
    英国の非営利助言団体「シチズンズ・アドバイス(citizens advice)」は11月8日、陸上風...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る