消費者庁、改正特商法で初の処分 健楽園に業務停止命令🔓

消費者庁は7月27日、改正特定商取引法に基づく初の行政処分を下したことを明らかにした。電話勧誘販売で「還生源」(かんせいげん)という健康食品を販売する健楽園(本社・東京都豊島区)に対する3カ月の関連業務停止と指示処分で、同社の契約書面交付義務違反や「がんにならないために」「認知症にも効果がある」などの不実告知の違反行為を認定した。実質的経営者に対する初の業務禁止命令を発動したことも消費者庁としては初めて。処分に対し健楽園は7月27日現在、「上から何も聞いていない」「現在分かる人がいない」「コメントはお答えできかねる」などとしている。

改正特定商取引法(特商法)は昨年12月1日に施行された。同日以降の契約が規制の対象に入る。改正法は違反による処分規定を強化したことが一つの特徴。これまでの業務停止命令期間の延長や罰則強化の他に、新たに「業務禁止命令」を導入した。法人だけではなく、違反行為に影響を与えた個人対象に処分を課すことができるようになった。

消費者庁が27日に処分したのは同庁として改正法を初めて適用した事案。電話勧誘販売業者「健楽園」に対し、業務停止命令3カ月と…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」8月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 自動車
    米消費者情報誌コンシューマーリポートは5月21日、自動車メーカーが歩行者検知安全システムの搭載を積極...
  2. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  3. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  5. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る