使用済み紙おむつ、高齢化みすえリサイクルを 須東亮一さん🔓

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

NIPPON 紙おむつリサイクル推進協会会長 須東亮一さん

「使用済み紙おむつ廃棄物は、ほとんどが税金による回収・焼却処理。このまま超高齢社会が到来すると処理費用増大に伴い自治体や病院、施設、そして消費者にさらに大きな負担が課せられることになります」――。この使用済み紙おむつ廃棄物の減量・リサイクルを推進し、その節税分を子育て支援に回す、このような認識を今こそ社会で共有していくことが必要です、と須東さんは強調する。

NIPPON紙おむつリサイクル推進協会・須東亮一会長一般社団法人「NIPPON 紙おむつリサイクル推進協会」は昨年5月に発足した。「子育てから介護まで。そして介護から子育てへ」という活動方針を掲げる。会長の重責を担うのが須東さんだ。

「社会の役にたつこと、事業としての継続性を担保すること、この点が当協会活動の前提です。使用済み紙おむつ廃棄物をどのように減量・リサイクルへとつなげていくか、そのためにどんな方法があるかなどを検討する。もちろん継続していくためにはビジネスとしての位置付けも必要です。リサイクル技術の開発、リサイクル活動の普及、リサイクルに容易となる紙おむつの開発・普及など、多くの方々との連携や協働を構築していきたい。課題山積ですが、まずは共通の認識を持つ必要性を訴えていきたいと思います」

須東さんは王子ネピア(株)を定年・退社するまで同社取締役およびケアサポート事業本部長を務めた。介護の現場で課題に…(以下続く)

(本紙11月1日号「消費者問題はいま―提言2018」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̂BbEgbV͂Fubb}[bH?X?@

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 愛知県
    愛知県で1月27日から、通訳を介した外国人向け消費生活相談が開始される。実施するのは公益財団法人愛知...
  2. ろすのん
    縁起物として節分シーズンに出回る「恵方巻き」の売れ残りが大量廃棄されていた問題で、昨シーズンの廃棄率...
  3. ミツカン「フルーティス」
    健康志向の高まりを背景に、お酢ドリンクの人気が広がっているようだ。調味料大手Mizkan(ミツカン)...
  4. クルマの安全機能の名称が各社で異なり、消費者の誤解を招くおそれがあるなどとして、米消費者情報誌コンシ...
  5. 自動車
    英国の消費者団体Which?は1月16日、保険会社の最新分析を示し、「交通事故の発生率が最も高いのは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る