使用済み紙おむつ、高齢化みすえリサイクルを 須東亮一さん🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

NIPPON 紙おむつリサイクル推進協会会長 須東亮一さん

「使用済み紙おむつ廃棄物は、ほとんどが税金による回収・焼却処理。このまま超高齢社会が到来すると処理費用増大に伴い自治体や病院、施設、そして消費者にさらに大きな負担が課せられることになります」――。この使用済み紙おむつ廃棄物の減量・リサイクルを推進し、その節税分を子育て支援に回す、このような認識を今こそ社会で共有していくことが必要です、と須東さんは強調する。

NIPPON紙おむつリサイクル推進協会・須東亮一会長一般社団法人「NIPPON 紙おむつリサイクル推進協会」は昨年5月に発足した。「子育てから介護まで。そして介護から子育てへ」という活動方針を掲げる。会長の重責を担うのが須東さんだ。

「社会の役にたつこと、事業としての継続性を担保すること、この点が当協会活動の前提です。使用済み紙おむつ廃棄物をどのように減量・リサイクルへとつなげていくか、そのためにどんな方法があるかなどを検討する。もちろん継続していくためにはビジネスとしての位置付けも必要です。リサイクル技術の開発、リサイクル活動の普及、リサイクルに容易となる紙おむつの開発・普及など、多くの方々との連携や協働を構築していきたい。課題山積ですが、まずは共通の認識を持つ必要性を訴えていきたいと思います」

須東さんは王子ネピア(株)を定年・退社するまで同社取締役およびケアサポート事業本部長を務めた。介護の現場で課題に…(以下続く)

(本紙11月1日号「消費者問題はいま―提言2018」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る