生協の「子どもの貧困」支援拡大 子ども食堂は30生協に

日本生活協同組合連合会は12月6日、子どもの貧困の支援に取り組む生協が54生協に増加したと発表した。15年度は26生協、16年度は40生協だった。

子どもの貧困を地域の問題として捉え、具体的な取り組みに乗り出す生協が増えていて、日本生協連は2016年度から各生協への聞き取りを実施し、活動状況を取りまとめている。

17年度は54生協が支援に取り組んでいると回答した。具体的な取り組み内容は「フードバンク・フードドライブ」が44生協、「子ども食堂」が30生協で201カ所、「学習支援」が14生協。前年度は順に35生協、26生協、13生協で、いずれの取り組みも増加していた。

フードバンクでは他団体と連携する事例が多く、食材や場所を提供する事例も目立った。子ども食堂では運営ネットワークに参加したり、組合員や役職員が運営に携わったりする取り組みがみられ、食材の提供を通じて運営に協力する事例が多かった。学習支援では食材や場所の提供のほか学習会の開催、奨学金の支給、基金の設立、市民団体への助成を行う生協もあった。

日本生協連は取り組み事例の共有化を進めるとともに、全国生協とともに子育て支援活動に引き続き取り組むとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ニッポン消費者新聞2023年1月号
    特集 消費者問題リレー報告会 消費者団体、弁護士、司法書士など取組事例を報告 ~特商法c
  2. 引越安心マークのトラック
    新生活シーズンを迎える3月から4月にかけて引越の依頼が集中することから、国土交通省や全日本トラック協c
  3. U.S. PIRG
    米国の非営利団体U.S.PIRGは1月24日、11州の議員が水銀を含む蛍光灯の段階的廃止を目指し、法c
  4. 厚生労働省
    ◎ピアスで金属アレルギー、カビ取り剤や防水スプレーで悪心 厚生労働省がまとめた年次報告書によると、c
  5. フランス消費者同盟
    フランスの消費者団体UFCは1月24日、洗剤を使わなくても汚れが落ちるとうたう「洗濯ボール」の商品テc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る