【米国】黄ばんだヘッドライト、照度8割低下 定期点検を

車の老朽化とともに黄ばみが目立ってくるヘッドライト。放置していると新車購入時と比較して照度が8割程度低下する場合があることが、アメリカ自動車協会(AAA)の最新の研究報告でわかった。この報告を受け、米消費者情報誌コンシューマー・リポート(CR)は「衝突事故のリスクが高まる」として、定期的な清掃・点検と修理を呼びかけた。

AAAは11年前に製造された人気セダン2車両のヘッドライトをテストした。太陽光やプラスチックコーティングの劣化による影響を調べたところ、車の使用状況に応じて3年から5年で黄ばみや曇りが目につき始め、照度が新車時の20%にまで低下することがわかった。

CRの自動車テスト担当者、ジェニファー・ストックバーガー氏は「時速60マイル(約96キロ)で走行すると、ブレーキを踏んでから停車するまでに最低300~500フィート(約91~152メートル)の距離が必要。照度が2割に低下するとドライバーは60フィート先(約18メートル)までしか見えないことになる」と指摘。「雨天などの影響を加味すると夜のドライブはさらにリスクが高まる」と警告した。

米国では手頃な価格でヘッドライト修理キットが販売されていて、CRのテストでは、どの商品でも大幅に照度を改善できることがわかった。ただし、1年経つと再び黄ばみや曇りが発生するため、その都度、修理が必要になる。コンシューマー・リポートはガラス用クリーナーでヘッドライト表面を清掃するとともに、黄ばみがある場合は修理するよう呼びかけた。また、電球も時間経過とともに照度が落ちるため、数年ごとの交換を勧めた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 日本弁護士連合会
    給与ファクタリングと称するヤミ金融業者が横行している問題で、日本弁護士連合会の荒中(あらただし)会長...
  2. 自動車
    米消費者情報誌コンシューマーリポートは5月21日、自動車メーカーが歩行者検知安全システムの搭載を積極...
  3. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  4. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る