農薬散布器でも乾電池液漏れ、やけど事故に

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

国民生活センターは乾電池の液漏れで重度の化学やけどを負った農薬散布器に関するテスト結果を発表。使用乾電池のうち1個が逆装填されていたことから、電圧のバランスが崩れ、液漏れに至ったと考えられる、とした。当該農薬散布器の電池ボックスは乾電池を逆装填したときに通電を防止する構造にはなっていなかった。

国民生活センターによると、このテストは消費生活センターなどからの依頼テスト。相談解決のためのもので、製品名・事業者名は明らかにされていない。

依頼内容は、「乾電池式の農薬散布器で除草剤を散布。すると乾電池から液漏れが生じ、腰のあたりでやけどを負った。液漏れの原因を調べて欲しい」というもの。同センターはテスト結果を1月17日、公表した。

それによると、製品は8個の乾電池を使用する乾電池式農薬散布器。1組4本ずつ使用されていた電池ボックスの乾電池のうち、3本に液漏れが生じていた痕跡が見られた。そこで1本を逆装填したことを想定したテストを実施したところ、乾電池から液漏れが生じた。相談者は漏れ出たアルカリ性の液体が皮膚に触れたことで化学やけどを負ったものと考えられた。事故製品の電池ボックスは乾電池を逆装填したときに通電を防止する構造にはなっていなかった。

同センターでは乾電池装填に際しては方向を確認するとともに、電池ボックスなどに異常がないか確認するよう消費者にアドバイスしている。製品名などが公表されていないことから今後の事故発生が心配される。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PL研究学会製品リコール研究部会
    PL(製造物責任)に関する総合的な研究を進めるPL研究学会(大羽宏一会長)の「製品リコール研究部会」c
  2. 消費者ネットワークかごしま
    ◎九州ブロックでは5団体目 6月15日、新たに適格消費者団体が認定された。NPO法人消費者ネットワc
  3. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  4. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  5. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る