日本生協連、コープ商品の価値発信し「増税乗り切りたい」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本生活協同組合連合会は1月18日、東京都内で新年記者会見を開いた。10月に予定されている消費増税を巡っては、「駆け込み需要や増税後の節約志向も想定しながら商品プロモーションを展開していく」とし、来年60周年を迎えるコープ商品の価値を伝えていくことで販売の落ち込みを回避したい考えを示した。

日本生協連新年記者会見

事業概要や社会的取組などを報告した日本生協連。右から本田英一代表理事会長、嶋田裕之代表理事専務、和田寿昭専務理事(18日、べルサール東京日本橋にて)

消費増税について、本田英一代表理事会長は「いま社会の格差が広がってきている。暮らしの厳しさが増す中での増税というのは、できれば避けてほしいと思っている」とコメント。嶋田裕之代表理事専務も「今回は初めて秋の増税となり、複数税率となる。増税後すぐに年末に突入することもあり、駆け込み需要に対応するとともに、組合員に利用を継続してもらえるよう情報提供や商品展開を行っていきたい」とし、会員生協と連携して対策を取っていくと強調した。

嶋田専務は一方で「販促活動だけでは大変厳しい」とし、来年60周年を迎えるコープ商品の価値を改めて発信して、増税を含めた様々な課題に対処していく意向を示した。「1960年にコープバターができてから60年。組合員、取引先と一緒になりながら消費者の願いを一歩一歩実現してきたという歴史がある。商品活動の歴史を振り返りながら、生協が供給する商品にはどういう意味があり、どういう価値があるのかという点について、ある意味自信を持ちながら取り組みを展開していきたい」と述べた。

全国生協の2018年総供給高(4~12月度累計)は、相次ぐ自然災害や野菜高騰などの逆風が吹く中、前年比101.1%(速報値)と堅調。宅配事業が101.4%と伸び、店舗事業も前年の水準を維持した。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  2. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  3. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  5. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る