携帯料金の値下げ期待 大手3社利用者「2千~4千円未満に」

消費者庁が携帯電話料金について消費者調査を実施したところ、8割を超す人が料金の値下げを期待していることがわかった。毎月支払っているスマートフォンの料金については、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)とそれ以外の事業者(格安スマホなど)とで大きな違いがあることが判明。さらに、3大キャリアのスマホ利用者の多くが使用中のサービスに見合った料金について「2000円~4000円未満が適正」と回答した。

調査は1月上旬、物価モニター2000人(全国20歳以上の男女)を対象に実施。そのうち1319人が回答した。

使用している携帯電話を聞いたところ、3大キャリアのスマホが49.3%と最も多く、その他事業者のスマホが24.3%、スマホ以外の携帯電話が24%、未契約が2.4%の順。

月々支払っている平均的な料金について最も回答が多かった価格帯は、3大キャリアのスマホ利用者で「6000円~8000円未満」(32.8%)、その他事業者のスマホ利用者で「2000円~4000円未満」(50.8%)、スマホ以外の携帯電話利用者で「2000円未満」(43.8%)となった。

携帯電話の問題点については、「料金水準」をあげる人が72%と最も多く、「料金メニューの種類・内容」62.2%、「通信・通話サービスの質」36.5%などの順。通信事業者に期待することを聞いたところ、「通信・通話サービス自体の料金水準の引き下げ」と回答した割合が82%と最も高く、以下、「携帯電話端末自体の料金水準の引下げ」68.0%、「通信・通話サービスと携帯電話端末の価格の明確化」64.6%などと続いた。

利用中の携帯電話サービスの内容に見合った適正な料金については、3大キャリアのスマホ利用者では「2000円~4000円未満」との回答が46.2%と最も多く、その他事業者のスマホ利用者では「2000円未満」との回答が55.5%と最も多かった。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 静岡県中部県民センターに寄せられた2019年度消費生活相談は1893件で、前年度の2145件に比べて...
  2. 欧州消費者同盟
    事件発覚から約5年――。ドイツ最高裁は5月25日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、...
  3. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  4. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...
  5. ZENB STICK
    ミツカングループが発売したまるごと野菜のスティックタイプ食品「ZENB(ゼンブ) STICK」が、日...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る