ネット上の「個人間融資」利用しないで 高金利や詐欺など横行

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

見知らぬ者同士が金銭の貸し借りをする「個人間融資」サイトを巡り、トラブルが発生している。

国民生活センターによると、違法な高金利を求められたり、保証金を支払った後に相手と連絡が取れなくなったりする事例が報告されている。個人を装ったヤミ金融業者が書き込んでいるおそれもあることから、同センターは「ネット上の個人間融資で見知らぬ相手から借り入れをするのはやめてほしい」と注意を呼びかけている。

個人間融資

SNS上の個人間融資を依頼する書き込みの一例。ブラック(ブラックリスト=金融機関での借り入れができない状態)、アダルトなどの言葉も飛び交う

公表された相談事例によると、生活費が不足した50歳代の男性は個人間融資の掲示板サイトで融資を依頼し、返事をしてきた人と直接会って15万円を借りた。男性はこれまでに50万円以上を返済してきたが、さらに400万円を支払うよう求められたという。

20歳代の女性は、携帯電話料金の滞納などでお金を借りられるところがなく、SNSで融資を募集。すると融資に応じるという人が現れ、SNSでやり取りして100万円を借りることになった。保証金として5万円を支払ったところ、その後、相手と連絡がつかなくなってしまったという。

そのほか、「利息を免除する条件として、要望されるままに下着姿や裸の写真を送ったにもかかわらず、融資は受けられず、連絡しても返事が来なくなった」 (30歳代・女性)という事例も寄せられていた。

反復継続の意思を持って金銭の貸し付けを行う場合、貸金業の登録が必要。たとえ個人間融資をうたっていても無登録営業を行うと貸金業法違反になるという。国民生活センターは「多重債務などで困っていたら、まずは最寄りの消費生活センターに相談してほしい」と呼びかけている。

消費者ホットライン「188」(3けたの電話番号)にかけると最寄りの相談窓口につながり、生活再建に向けたアドバイスが受けられる。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る